2013年12月28日

Dセグセダン番付!

  「小型で高性能なクルマはないのか?」とよく人に訊かれる。あまりクルマに興味がない人にとって最大の関心事であるはずなのに、正直言ってこれというクルマを思い浮かばない。そもそも小さいクルマとはどこからが対象になるのだろうかすら曖昧だったりする。クルマ好きの感覚ではDセグセダンは十分にコンパクトなサイズだと思うのだけど・・・。

  人によってはCセグ以下、あるいはBセグ以下を指すのかもしれない。日本車ラインナップの分布を考えると、質問者がDセグ以下を想像しているようには思えないので、Cセグ(4m前半)を持って小型と定義するのが妥当なんだと思う。そうすると頭に浮かぶのは(オススメすべきは)、アクセラとゴルフの日独を代表する2台ということになるのだろうか。

  スバル・インプレッサ・・・。このクルマの基本性能が高いのは重々承知しているが、このクルマのデザインを見た時に果たして「高性能(=高級)」という条件を満たすかどうか自信がない。もちろん喜んでくれる人もいるだろうけど。スバルブランドが輸入車好きから敬遠される最大の理由はこの点だ。だからこのブランドのクルマに日本代表の肩書きを与えることにはかなり抵抗がある。もちろん過去のスバル車のデザインを全て否定するつもりはないですけど。インプレッサの現行に関しては売ってる側もかなり不本意なんじゃないだろうか?(そこそこ売れているけど・・・)

  現行モデルで勝負できている日本車ブランドはレクサスとマツダだけ。これが輸入車好きに聞いた率直な評価のようだ。まあアウディがかっこいいと思うセンスの無いヤツらの言い分ではあるけど。デザインにこだわるならば、ゴルフにもアクセラにも本当に満足できるのか?という疑問がある。少なくとも私にはある種の妥協があるようにしか見えない。高級車というのは「妥協」を感じさせたら負けじゃないのか?

  というわけでその手の質問に対して、アクセラやゴルフを挙げることは滅多にない。この2台に乗っていても結局は周囲の視線は高級車などとは決して思わないから当然だ。この2台はあくまでハッチバックという実用性に振ったボディ構造が欧州だけでなく日本でも長く愛用されてきたという歴史の積み重ねの最新型に過ぎない。それが何ら意味がないとはいわないけど。

  ゴルフやアクセラは実用車としてある程度は満足させてくれるのだろうが、決してゆとりのクルマとは表現できないし、極端に狭くはないクルマというのが妥当なところだ。「小さい高級車」というものが、なかなか実現しないのは、「小さい」という前提がVWやマツダをもってしても無理なところまで行き過ぎているからだろう。やはりDセグをもって「小さな高級車」と定義する必要があるのではないか・・・。


次回に続きます(第2回へ)



posted by のっち at 01:53| Comment(0) | Dセグセダン番付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

日産ジュークとスバルXV

  マツダのディーラーに行ったら担当者がこう意気込んでいました。「アクセラはこのクラスの新しいスタンダードになるかもしれない!エポックメイキングなクルマだ!」 いつもは自社のクルマに関しては、かなり謙虚な方がここまで豹変するとは。今回のアクセラはいよいよ凄いことになっているらしいです・・・。

  人それぞれ感じ方は違うでしょうが、自分がアテンザ買ったときにはこの担当者は満足にマツダ車を褒められなくて、買いにきている自分がライバル車を引き合いに出して、このアテンザ(GH系)はこんなに凄いんだと、まるであべこべの商談だったことを考えると、人は変わるものですね・・・。

  新型アクセラの出来映えにはとりあえず大きな異論はないのですが、このクルマ自体がグローバルマーケットのど真ん中を目指して、しかも正攻法で作られているということに、やや「窮屈」さを感じます。斬新なデザインとは裏腹にコンセプト自体はありふれたものです。欧州のCセグハッチに対して日本メーカーのパッケージングの良さを生かした提案はいくらでもできると思うのですが、初代・先代とアクセラは欧州市場で評価を上げて来たこともあり、マツダにとっては「守るべきもの」という意識が高いようです。

  そんなマツダよりも日産やスバルのほうが自由な提案が出来る立場にあるのが逆に強みになっていて、欧州市場ではアクセラよりもむしろ日産ジュークやスバルXVの方が市場のニーズをガッチリ掴んでいる部分もあるようです。日産ジュークはそれほど騒がれてはいませんが、デビューとともにかなりのスピードで市場に受け入れられ、CセグSUVという、端から見ているととても「ゆる〜い」と思われるジャンルを作ってしまいました。

  フランスなど欧州ですでにジュークは大ヒットしていて、すぐさまプジョーが対抗モデルの2008を用意しました。スバルもXVを同時期に投入し、これまでのスバルのテイストを抑えた仕上げになっているのが印象的です。「スバル臭」をかなり軽減していて、鮮やかのオレンジをテーマカラーにするなど、いかにも新ジャンルであることを意識したクルマです。

  さらにシビックで欧州でも一定の地位を占めるホンダも、年内に対抗モデルを投入しますが、こちらもデザインに最大限の配慮がされています。独特の色使いはやはり小型車であることを考慮しつつも、スペシャルなモデルであることを盛んにアピールしています。この手のクルマが続々とヒットしてしまう状況はあまり歓迎できないなと思います。デザインの斬新さと使い勝手の良さばかりを先行させていて、クルマの基本性能自体はあまり考えられていない気がします。

  


posted by のっち at 03:06| Comment(0) | 全メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

日産4WDの名車 14B型サニー

  日産はかつては日本のユーザーが涙を流して喜ぶようなクルマをたくさんつくっていました。その多くはデザイン面でのわずかな欠点、あるいはトヨタやホンダによる低価格攻勢の前に丸裸にされるなどの理由で販売が低迷したものも少なくありませんでした。

  年配のクルマ好きの方と話す機会があると、「今までで一番良かったクルマは何ですか?」と必ず訊いていますが、そこでかなりの割合で登場するのが「B14型サニー」です。日産の歴史あるモデル「サニー」の8代目で、1990年代後半に製造されていて、ライバルのカローラも非常にハイクオリティーな時代だったので、当然ながらサニーの歴代最高傑作でもあります。

  この時代の日産はトヨタ・ホンダの革新的なクルマ作りに押されて、赤字が膨らみもはや自力での立て直しが不可能とされ、フランスからあの人物がやってくるわけですが、日産のクルマ作り自体が相当にメチャクチャだったと言われています。車種ごとに開発チームが完全に分かれていて、それぞれが勝手に開発を進め、とりあえず世界一になっておかないと社内では評価されないので、コスト管理なんて二の次で各セクションが突っ走っていたのだとか・・・。

  おかげで出来たクルマが・・・完全に「自称」世界一で、フルタイム4WDのSUVのプレゼンでは、「このクルマの性能はどこで発揮できるの?」「クルマで浅瀬に入ってもらえばわかります!」みたいなトンデモな技術のオンパレードという始末。改革・再生のためにやってきた新しい経営者の仕事は、極めて明確でそういった数々の愚行を諭して止めさせることと、有効な技術を組み合わせて水準以上のクルマを作ることだけだったそうですね・・・。

  改革後の日産もGT-Rを作るなど見所もあるのですが、単純にハイスペックなクルマとなると改革前の方が断然に多いのです。このB14サニーもFF・AWD問わずユーザーには強烈なインパクトを残したようで、大抵は興奮気味に「サニーの4WDは良かったよ!どんな凍結路面でもつるりともしない。三菱・日産のAWDに多数乗ってきたけど、サニーが一番良かった!」といった調子です。

  レース仕様のベースマシンとしても使われるほど、トータルバランスに優れた理想的なサイズとスタイルのボディに日産自慢のフルタイム4WDを組み合わせれば、1輪のみのグリップだけで十分走行可能という驚異的なレベルにまで達していました。アメリカの某テスト機関による4WDの性能チェックで現行モデルで世界の名だたるSUVがその走破性を完全分析されていましたが、現行エクストレイルは比較的に高評価でしたが、もはや1輪グリップのみでの前進は不可と判定されていました(クリアしたのはスバルフォレスターのみ!)。

  それくらいに優秀なクルマを日産は20年前にわずか130万円で売っています。売れればよかったのでしょうが、グレードがあり過ぎでエンジンも1.5、1.6、2.0と3タイプもあり、FF車はマルチリンクで4WD車は4輪ストラット(スポーツカーか?)と使い分けています。さらにガソリンAWDはフルタイム4WDで、ディーゼルにはスカイラインGT-Rでおなじみのアテーサシステムを組み合わせるなんて・・・。今じゃ考えられないほどの「枝分かれ」っぷりです。これじゃあ、たとえカローラを完全に打ち負かしてもたいして利益でないですよね・・・。


関連ブログ「VWゴルフ」



posted by のっち at 04:41| Comment(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ