2014年05月28日

トヨタ300万円クラスの実力は十分にスゴいから、もうプレミアムカーは要りません。

  アメリカでは自動車の価格帯はひとまず「2万ドル」に収束する価格で、各メーカーが競いあっています。アメリカ人は計算が苦手という話を良く聞きますが、買う側にとっては比較検討しやすく、予算も立て易くてとてもよさそうです。2万ドルでひとまず、マスタングもカマロもカムリもアテンザもレガシィもゴルフもパサートも買えてしまいます。ホンダなどはこの価格帯前後にメインの「アコード」「シビック」「CR-V」の3車種を重点的に配置していて、この3車種でグローバル販売の6割を稼ぎ出してします。

  この商習慣もグローバル車の増加で、日本にも根付いてきたようで、日本ではどうやらこれに相当する価格が「300万円」になっているようです。本体価格が「300万円」に近ければ近いほど売れる傾向にあるようで、これより価格が高過ぎたり、低すぎたりすると人気が出ません(もちろん例外はありますが)。

  もはや市場全体の販売の4割が軽自動車ですから、普通車が「安さ」を武器にしたところで得るものは無くなりつつあるようです。そして今のトレンドは「普通車」を本気で売るならば、300万円払ってでも買いたい!と思わせる「何か」がしっかり用意できるかどうかがとても重要になっているようです。

  トヨタは従来から「価格 − 利益=コスト」という見積もりを行っていることが知られています。コスト管理に関しては業界でも最高レベルという自負があるからこそ、価格を先に決めて利益を引いた「残り」(=コスト)で、どんなクルマでも作れてしまうということです。これまではプリウスを発売直後に緊急値下げするなど、「価格」に一定の振り幅があったのですが、現在では「300万円」という定点から始まるため、「残り」をフル動員してより質感の高いクルマ作りへと移行しています。

  近年の代表作であるアルファード/ヴェルファイア、カムリHV、ハリアーといった300万円のクルマが立て続けに成功を収めているのは妥当な結果だと思います。大手のトヨタに倣って日本メーカー、といっても「日産」「ホンダ」「スバル」「マツダ」の4社だけですが、もまた300万円をターゲットに自慢の技術を盛り込んで必死で対抗しています。

  結論を先に言ってしまえば、現在のところこの価格帯(300万円)で売られる日本メーカー車はどれもほぼ完璧と言っていいほどの高いレベルにあるので、クルマ自体に興味があり気に入ったものであればそれを買っておいて絶対に損はないはずです。「アテンザ」「CX5」「レガシィ」「フォレスター」「ティアナ」「エクストレイル」「オデッセイ」とりあえずどれもハズレはないです。

  ニューモデルマガジンXという雑誌が毎号さまざまなクルマを評価していますが、最近ではどのクルマも「日本車」は大抵は★3つの評価です。アテンザだろうがエクストレイルだろうが同じです。もう評価なんてやってられないと半ばあきれたようなコメントが並び、読んでいる側もなんだか「大人の事情」がわかってしまって、完全に「評価」を放棄してしまっているのでどうもつまらない企画になっています。どう読み取るかは個人の判断ですが、国産に関しては★3つの評価以外には無いように感じます。それに対してややマイナーな輸入車になると評価が跳ね上がって★4つといった評価になったりします。


  彼らはこの記事を通じて何が発信したいのか?とりあえず「どのクルマもキレイに収まり過ぎてて何か気に入らない」と言いたいようです。まあ各々のコメントにしてもそのようなことを言っているケースが多いです。300万円クラスの日本車が世界でも最高水準に乗り心地がよくて、使い勝手もよいということは解りきっていてそのためにハードルが高いというのもあるでしょうけど、そういうクルマ作りを「小さくまとまっている」と批判して、叛旗を翻すことが仕事という考えもあるのでしょうけど。

  お金を払って読む側としてはなんとも迷惑な話です。なにも言う事がないならば、100万円台の低価格か600万円以上の高級車限定で語ったらどうでしょうか?800万円くらいするメルセデスの乗り心地が日本車の300万円クラスに負けている!なんていうコメントは絶対にしないでしょうけどね。レクサス以外で日本車300万円クラスをあらゆる面で上回っているクルマがあったら教えてほしいものです。

  
リンク
最新投稿まとめブログ




posted by のっち at 13:31| Comment(4) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。