2016年06月30日

スズキの「風」!!!最強のドライバース・ブランドへと突き進め!!!

  フラッグシップの名車「キザシ」が廃止されて、それを悲しんでいる暇もなく、怒濤の新車ラッシュで話題独占中なスズキです。これからのカーライフを彩る実用車ラインナップとしてはなかなか骨太な布陣をもの凄いスピード感で展開してきました。これはなかなか他のメーカーに真似出来る芸当ではない!GMやVWに対しても臆することなく主張できる「決断のスズキ」の面目躍如です。日本でこれからニーズが高まるであろう小型車の各ジャンルに、それぞれ複数のモデルを配分してユーザーの選択肢を広げています。手頃な下駄車が欲しければ、おそらくスズキへ行くときっとピッタリの1台がみつかるはずです。

  注目の各ジャンルを紹介すると、まずはファミリータイプとして世界的な流行を見せているのが「小型クロスオーバー(SUV)」です。A(軽)、A〜Cセグにそれぞれ「ハスラー」「イグニス」「新型エスクード」「SX4クロス」を配置しています。4台に共通するのは「デザイン重視」な点です。フォルムも造形も100万円〜200万円クラスとは思えないくらいにこだわっていますし、カラーのレパートリーも豊富です。

 さらにミニバン、プチバン、トールワゴンを総称する「ピープルムーバー」ではA(軽)、B、Cセグで「スペーシア」「ソリオ」「ランディ(セレナのOEM)」があります。スペーシアとソリオは軽と普通車の枠を越えた共通設計(ジムニー方式)になっていて随所にスズキの小型車ノウハウが詰め込まれます。一方ランディは5ナンバーミニバンの勝ち組と言われる日産セレナのOEMモデルで総合力は折り紙付きです。

  小型車定番の「欧州ハッチバック」では、A(軽)、Bセグで「アルト」「スイフト」「バレーノ」の3台体制です。アルト、スイフトは説明不要なスズキの屋台骨で、アルトは欧州でもAセグとして販売されています。アルトRS、アルトワークス、スイフトスポーツ、バレーノターボとスポーティなモデルが人気で、当然ですが走って気持ちよい、操縦して愉しい・・・ベースモデルも含めていい味出してます。3台ともに欧州ブランドと十分に渡り合える出来映え。

  ファンから絶大な人気を誇る「本格クロカン」です。もちろんラダーフレームを仕様した本格派ばかりで、「ジムニー」「ジムニーシエラ」「旧型エスクード」が用意されています(いずれもA、Bセグサイズです)。ス◯ル、マ◯ダ、ホ◯ダなど「なんちゃってSUV」を一生懸命にブランディングしてますが、逆立ちしてもラダーフレーム車の魅力には達しないですね。ランドローバー(下位はなんちゃって多し)やジープ、トヨタ、三菱の本格志向に肩を並べるだけのノウハウがスズキにはあります。しかもありがたいことに本格志向が100万円台から買える!!!

  この4ジャンルで「欧州ハッチバック」と「本格クロカン」の各モデルには原則MTモデルが用意されているのですが、新鋭のバレーノだけはMTが導入されていません。本国(インド)にはあるので、せっかくだから揃えてみてはどうですかね。「小型クロスオーバー」と「ピープルムーバー」はあくまでファミリーユースが基本なので街乗りで安心&低燃費なCVTばかりなのですが、ハスラーにはMTがあります(残念ながらターボはMTなし)。

  またバレーノ・ターボと新型エスクードは、新開発の6速ステップATを配してきました。欧州メーカーの多くがSMTに見切りを付けて2ペダルの横置きFFに今では挙ってステップATを使う時代になりました。BMW、BMWミニ、ボルボ、PSAにはすでにアイシンAWからの供給が始まり、各メーカーともに日本市場での売り上げを伸ばしています。一方でジャトコ製の6ATをすでに導入しているルノーですが、なぜか日本向けモデルへのステップAT導入には慎重なようで、相変わらずゲトラグ製DCTを持ち込んでいます。ルノーのキャラならばDCTなのかも・・・。

  スズキが新たに導入した6ATですが、これまでの供給関係を考えてもジャトコとの共同開発だと思われます。さてこれが使われている新型エスクードが先日発売されたニューモデルマガジンXで日本車としては「破格」の讃辞が送られて☆4つを獲得していました。このコーナーはBMWやアウディのニューモデルが相次いで登場も☆3つが1年以上もずっと続いていまして、最近のクルマってどれもつまんねーんだな・・・という印象ばかりがひたすらに押し付けられてきましたが、その重苦しい雰囲気をついに打ち破ったのが、まさかのスズキ車でした(失礼!)。

  スズキも評論家から甘い評価を引き出すコツがよくわかっているようで、新型エスクードは6AT装備に加えて、欧州車が使うサプライヤーをたくさん採用しています。まあハンガリー生産車ですから当たり前なんですけども。特にタイヤをコンチネンタル(ドイツメーカー)にしたのがポイントでしょうか。BMWやメルセデスと同じブランドじゃん。これまでの実績から重量級が得意なタイヤメーカーですから、車格からもヨコハマかダンロップあたりで良かったと思いますが・・・。

  6MT、5MT、CVT、7CVT、6AT、4AT、5SMT・・・・。スズキ車買う時にちょっと迷うのがミッションの多さです。ドライブ好きに人気があるのはMTやSMTなんですけども、これらシンプルなミッションの方がコストも低くて車両価格も割安になっています(これは嬉しい)。ただし新しいスズキの「息吹」を感じたいならば、「バレーノ・ターボ」か「新型エスクード」も良さそうです。果たして小型車はどこまでグランドツアラーとしての階段を登ることができるのか?



リンク
「最新投稿まとめブランド」



posted by のっち at 02:09| Comment(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

ホンダCR-Zが生産終了!!!無念。

  ホンダのCR-Zがいよいよ生産終了するらしいです。タイプRに続いてNSXの生産も開始され、さらにはS2000の復活も噂されるなど、今後はスポーツカーを中心としてブランドイメージをテコ入れする方針だそうですけども、その計画にあまり貢献できないスポーツモデルには用は無い!!!という血も涙もない粛正なのでしょうか・・・スポーツカーの生命線はやはり注目度。トヨタ86もマツダロードスターもその辺りはよく押えています。

  CR-Zはやっぱり地味だもんな〜。コスト高なハイブリッドシステムを積むより、軽エンジンで済むスポーツカーの方が同じ価格帯で売れる!という決定的な状況を考えると諦めざるを得ないのかな・・・。残念ながら余命数ヶ月のCR-Zが備えていた大きな特徴として「HVにMTを組み合わせる」という例を見ない奇抜な設計がありますが、こういったタイプのモデルは今後再びどこかで現れるのでしょうか? 

  CR-Zにとって不幸だったのは「発売するのが早過ぎた」という、ホンダに有りがちなタイミングの問題がありました(だからホンダが好きだー!)。発売された2010年はまだまだ「HV」が異端視されていた時分でした。ホンダの狙ったコンセプトとしては、HVなのに驚きの軽さを実現!!だったはずですけども、車重1100kg台に抑えておきながら15km/L前後の実燃費(モード燃費は19.4km/L~)では、やや本末転倒だったかもしれません。これくらいの軽量モデルだったらガソリンターボでも余裕で達成できます。これでは「HV乗りたいミーハー向けスポーツカー」との批判も仕方ないかも・・・。

  軽量コンパクトなクルマをHV化する意義は・・・やはりトヨタに正義があったようで、アクアやプリウスで果敢に攻めた「30km/L」以外に求められる明快なブレークスルーなど無さそうです。軽自動車を圧倒する燃費を誇ることで、日本市場になんとか普通車の需要を生み出している・・・。この塗炭の苦しみを知ってか知らずか、「燃費だけのクルマなんて間違ってるよ!」とか能天気な批判を繰り広げた馬鹿野郎は、センスないですからさっさと評論家を辞めるべきだと思いますね・・・。

  アクアを見て実際にかなりの人がときめいたと思います。私も今の家に住んで10年経ちますが、自動車の広告がポスティングされたのは、後にも先にもアクア発売時のトヨタの販売店が行ったときだけです。マンションのポストからスルリと出て来た奇妙な広告をしばらく見続けましたね・・・。え?HVなのに100万円台!?しかもなかなかスタイリッシュじゃないですか〜!!うえ〜これは売れるよ!たぶん!(それにしてもポスティングまで駆使するトヨタの執念に脱帽)

  その「アクア・ショック」よりも一世代前に出てしまったCR−Zには、正直言って世の中を変える力は無かった・・・。もしかしたら?いやおそらくですが、アクアの販売に関してトヨタはCR-Zの顛末を検討はしていたはずですから、そういう意味では「世の中」を変えるきっかけにはなったかもしれません。ただし販売は伸びなかった・・・これはホンダがスポーツカーの魅力を見誤った部分もあったかもしれません。スポーツカーって想像以上に笑えないクルマです・・・。「退廃的な生活」を営む人々のクルマというイメージも根強いですし、どこか社会とのつながりを遮断するような「後ろ向き」な存在であるのも確かです。

  スポーツカーに限らず2ドア車全般に言えるのが、日本的な価値感からみるとやや「滑稽」さがつきまとうのです。日本で2ドア車が売れない理由は、ドアがデカすぎて日本の狭い駐車場では乗り降りがしにくいという合理的な説明がしばしばされますけども、2ドア車を駆る人々の表情がどこかもの悲しげに見えるという負のイメージもあると思います。ちょっとは検討しますけど、やっぱり「ないわー」ってなりますね(オマエが2ドア嫌いなだけだろ)。客観的なデータで見ても、日本で2ドア車をコンスタントに月1000台売るのは「ほぼ」不可能です。「ほぼ」としたのは、トヨタとスバルが組んで未曾有のPRが行われる!くらいの恵まれた条件ならば達成していたので・・・。

  CR-Zが消えるのは悲しいですけども、ホンダはせっかくのHV&MTを、フィットやグレイスに移管して「異彩」を放つコンパクトカー作りは決して止めないでほしいですね。ただし「そんな余裕があったらタイプRをカタログモデルにするよ!」なのかな・・・。

リンク
「最新投稿まとめブログ」



タグ:ホンダCR-Z
posted by のっち at 04:43| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

ホンダ・オデッセイHV あっぱれなほどにホンダの価値を見せつける!!!

  「オデッセイHV様が通りますよ〜!!!」 オラオライメージはとっくの昔の話!!!今は究極&究極の最強ピープルムーバーとして世界の頂点に君臨しています!!!クルマの中身はどこまでも硬派で真面目ですよ〜!!!そこら辺にまかり通っているいろいろと「誤魔化したミニバン」とは全然違いますよ〜!!!ミニバンとしての本質の追求は簡単そうに思えて実はとても難しいのです。

  ミニバンの設計にはセオリーってもんがなかなか確立されてないです。トヨタは自社のクルマを型に嵌めるのがあまりすきじゃないですから、アルファードはアルファード、シエンタはシエンタで、まるで別方向に突き進んでいます。それなりにユーザーにアピールするポイントをしっかり盛り込んでいてとても売りやすそうですけど、ツッコミどころも同時にたくさんあるんですよね。

  結局のところミニバンの設計は20世紀からの名残のままで、ワンボックスカーをそのまま仕立て直しているだけのモデルが実に多いです!!!7人だか8人が乗り込めればそれでいい・・・ってことはないですけども、「全方位」という設計は最初から「無理」だと放棄している!!!ミニバンにポルシェみたいな走りをするユニットは載せちゃだめ!!!って誰が決めたの!?

  「高級ミニバン」を名乗るならば、エアロダイナミクスの改善は不可欠ですね。セダンなんてもともとCD値が良いにきまっているんだから、高級ミニバンでこそそれを応用することが必要です。しかし多くのミニバンは開発段階でそれを投げ出している。さらに「居住性」と「走行性能」を両立させることは不可能ではない!!!要はどんな技術を使って両立させるのか!?これをメーカーが基礎研究の中でどれだけわかっているかがポイントなんじゃないの!?

  元々オデッセイとはそういうクルマでした。BMWのような走りをするピープルムーバー。今ではBMWがピープルムーバー作りを頑張りはじめているので、決して「夢のクルマ」でもなんでもないです。VWとかプジョーとかが日本でなんとかミニバン市場に食い込もうとしてますが、彼らが雇う御用ライターがなんともお粗末さまで、「日本のミニバンには無い走り!!!」とかやたらと胡散臭いコピーを垂れ流しているわけですよ。MPV、エスティマ、オデッセイの存在を無視して書く神経がよくわかりません。

  さて高級ミニバンですが500万円くらい払うならばさ、いろいろな部分が最適化された、オールマイティなクルマを目指してほしいですよね!!!そりゃもちろんカンペキなんて無理ですけども、あらゆる状況でできるだけ多くのライバルを軽くなぎ倒す総合力ナンバー1のミニバン!!!それが現時点でかなり高いレベルで実現しているのがオデッセイHVなんですよ!!!

  は?バカ言ってんじゃねー。アクア並の燃費でアルファード並の居住性のクルマなんてあるわけねーだろ!!!そんなクルマあったら今頃バカ売れしてるだろ!!!まずはそんな「キレキレ」のクルマを作ったら市場をボコボコにしかねない、そんなKYなクルマを作る勇気があるメーカーなんてないよ〜!!!まあ普通に考えたらそうですよね・・・。それこそ30km/L以上のモード燃費じゃないと免税になりません!!!くらいに制度が変わらない限りはミニバンは出てこないだろ・・・って思ってましたよ。だって今のままで十分に儲かるからさ!!!

  しかし世の中には一風変わったメーカーがありまして、ミニバンだろうがフルサイズセダンだろうがモード燃費30km/Lを真剣にねらってくるんですよ。マ○ダやス○ルはとにかくカーメディアのウケはいいみたいですけど、やっぱり本当にすごいことをやってくるのはやっぱりホンダ。オデッセイHVはジワジワとクルマの常識を変えつつあります。

  「どのメーカーが最強ですか?」と聞かれたらなら、破壊力に関してはやっぱりホンダ!!! アメリカで1970年代に制定されたマスキー法っていう激ヤバな排ガス規制を軽く乗り越えたのもホンダでした。直後にマツダも続きましたが、どうやら軽く不正をした模様(笑)。燃料に細工してスーパーハイオクを使ったんだとか・・・。昔ってメチャクチャだな。

  ホンダが、オデッセイHVとアコードHVとNSX(HV)の3台で世界の高級車市場を制覇する。ちょっと前までは冷ややかな意見の人が多かったですけど、ホンダが「スポーツHV」と声高らかに主張するだけあって直4HVもV6HVもとにかく「のり味自慢」です。ホンダなら「Vテックがいい」という人もまだまだ多いとは思いますけど、「街乗り良し」「長距離良し」「居住性良し」「ドライビングフィール良し」・・・全方向に妥協無く進化したホンダの上級HVモデルは、トヨタのHVを踏み越えてまだ見ぬブルーオーシャンへ飛び出していけるでしょうか!? 軽自動車N-ワンよりも燃費が良いくらいのホンダの上級車種3台!!!価格は輸入車よりも割高なんだから当然だろ!!!「BMWの汚ウルサイだけの安っぽいDEムーバーは道を開けろ〜!!!オデッセイHV様がお通りだ!!!大気が汚れるから日本の道を通るんじゃね〜!!!」

リンク
「最新投稿まとめブログ」



posted by のっち at 02:47| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ