2016年06月30日

スズキの「風」!!!最強のドライバース・ブランドへと突き進め!!!

  フラッグシップの名車「キザシ」が廃止されて、それを悲しんでいる暇もなく、怒濤の新車ラッシュで話題独占中なスズキです。これからのカーライフを彩る実用車ラインナップとしてはなかなか骨太な布陣をもの凄いスピード感で展開してきました。これはなかなか他のメーカーに真似出来る芸当ではない!GMやVWに対しても臆することなく主張できる「決断のスズキ」の面目躍如です。日本でこれからニーズが高まるであろう小型車の各ジャンルに、それぞれ複数のモデルを配分してユーザーの選択肢を広げています。手頃な下駄車が欲しければ、おそらくスズキへ行くときっとピッタリの1台がみつかるはずです。

  注目の各ジャンルを紹介すると、まずはファミリータイプとして世界的な流行を見せているのが「小型クロスオーバー(SUV)」です。A(軽)、A〜Cセグにそれぞれ「ハスラー」「イグニス」「新型エスクード」「SX4クロス」を配置しています。4台に共通するのは「デザイン重視」な点です。フォルムも造形も100万円〜200万円クラスとは思えないくらいにこだわっていますし、カラーのレパートリーも豊富です。

 さらにミニバン、プチバン、トールワゴンを総称する「ピープルムーバー」ではA(軽)、B、Cセグで「スペーシア」「ソリオ」「ランディ(セレナのOEM)」があります。スペーシアとソリオは軽と普通車の枠を越えた共通設計(ジムニー方式)になっていて随所にスズキの小型車ノウハウが詰め込まれます。一方ランディは5ナンバーミニバンの勝ち組と言われる日産セレナのOEMモデルで総合力は折り紙付きです。

  小型車定番の「欧州ハッチバック」では、A(軽)、Bセグで「アルト」「スイフト」「バレーノ」の3台体制です。アルト、スイフトは説明不要なスズキの屋台骨で、アルトは欧州でもAセグとして販売されています。アルトRS、アルトワークス、スイフトスポーツ、バレーノターボとスポーティなモデルが人気で、当然ですが走って気持ちよい、操縦して愉しい・・・ベースモデルも含めていい味出してます。3台ともに欧州ブランドと十分に渡り合える出来映え。

  ファンから絶大な人気を誇る「本格クロカン」です。もちろんラダーフレームを仕様した本格派ばかりで、「ジムニー」「ジムニーシエラ」「旧型エスクード」が用意されています(いずれもA、Bセグサイズです)。ス◯ル、マ◯ダ、ホ◯ダなど「なんちゃってSUV」を一生懸命にブランディングしてますが、逆立ちしてもラダーフレーム車の魅力には達しないですね。ランドローバー(下位はなんちゃって多し)やジープ、トヨタ、三菱の本格志向に肩を並べるだけのノウハウがスズキにはあります。しかもありがたいことに本格志向が100万円台から買える!!!

  この4ジャンルで「欧州ハッチバック」と「本格クロカン」の各モデルには原則MTモデルが用意されているのですが、新鋭のバレーノだけはMTが導入されていません。本国(インド)にはあるので、せっかくだから揃えてみてはどうですかね。「小型クロスオーバー」と「ピープルムーバー」はあくまでファミリーユースが基本なので街乗りで安心&低燃費なCVTばかりなのですが、ハスラーにはMTがあります(残念ながらターボはMTなし)。

  またバレーノ・ターボと新型エスクードは、新開発の6速ステップATを配してきました。欧州メーカーの多くがSMTに見切りを付けて2ペダルの横置きFFに今では挙ってステップATを使う時代になりました。BMW、BMWミニ、ボルボ、PSAにはすでにアイシンAWからの供給が始まり、各メーカーともに日本市場での売り上げを伸ばしています。一方でジャトコ製の6ATをすでに導入しているルノーですが、なぜか日本向けモデルへのステップAT導入には慎重なようで、相変わらずゲトラグ製DCTを持ち込んでいます。ルノーのキャラならばDCTなのかも・・・。

  スズキが新たに導入した6ATですが、これまでの供給関係を考えてもジャトコとの共同開発だと思われます。さてこれが使われている新型エスクードが先日発売されたニューモデルマガジンXで日本車としては「破格」の讃辞が送られて☆4つを獲得していました。このコーナーはBMWやアウディのニューモデルが相次いで登場も☆3つが1年以上もずっと続いていまして、最近のクルマってどれもつまんねーんだな・・・という印象ばかりがひたすらに押し付けられてきましたが、その重苦しい雰囲気をついに打ち破ったのが、まさかのスズキ車でした(失礼!)。

  スズキも評論家から甘い評価を引き出すコツがよくわかっているようで、新型エスクードは6AT装備に加えて、欧州車が使うサプライヤーをたくさん採用しています。まあハンガリー生産車ですから当たり前なんですけども。特にタイヤをコンチネンタル(ドイツメーカー)にしたのがポイントでしょうか。BMWやメルセデスと同じブランドじゃん。これまでの実績から重量級が得意なタイヤメーカーですから、車格からもヨコハマかダンロップあたりで良かったと思いますが・・・。

  6MT、5MT、CVT、7CVT、6AT、4AT、5SMT・・・・。スズキ車買う時にちょっと迷うのがミッションの多さです。ドライブ好きに人気があるのはMTやSMTなんですけども、これらシンプルなミッションの方がコストも低くて車両価格も割安になっています(これは嬉しい)。ただし新しいスズキの「息吹」を感じたいならば、「バレーノ・ターボ」か「新型エスクード」も良さそうです。果たして小型車はどこまでグランドツアラーとしての階段を登ることができるのか?



リンク
「最新投稿まとめブランド」



posted by のっち at 02:09| Comment(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ