2013年05月03日

新型アコード(インスパイア)はマツダ&トヨタに引導を渡せるか?

  もはや日本では高級車になってしまっているので、どうやら新型アコードは乗り出しで400万円を超えてしまうようだ。北米ではすでに発売されていて、北米COTYの最終選考に残るくらいに好評を得ている。しかし北米でヒットするクルマがそのまま日本でも売れる例は非常に少ない(日本で無理に売る必要はまったくないですが・・・)。先代インスパイアのデザインは日本車セダンの「頂点」と思える素晴らしい出来だったが、V6の3.5Lのみの1グレードのみという設定が完全に逆風になり、見るも無惨な販売状況だった。車体の大型化は北米でもかなり不満があったようだ。新型アコード(インスパイア)は、かなり「ショート」なサイズになって(といってもEセグのど真ん中くらいだが・・・)、FF車のネックとなっていた小回りなどはかなり解消されたようだ。なにしろ大ヒット中のマツダ・アテンザとほぼ同サイズで同じFWDなのだから不安材料はなくなったといえる。

  エンジンは北米では直4の2.4Lが設定されているので、これを日本に持ってきてもいいと思うのだが、日本市場でのセダンを取り巻く環境はかなり厳しいと判断しているのか、HV車のみの投入になるという噂もある。ただこればっかりは売ってみなければ分からないのではないか?と思う。アテンザもクラウンもそれぞれ燃費性能に優れたモデル(つまり高価格のモデル)が大半を占めるのは確かだ。クラウンHVは先代と比べてかなり割安感があるので、人気になるのはよくわかるが、これから発売されるレクサスISのHVはやや割高なのでどうなるかはやや不透明だ。

  アコードもHVをどう売るのか?がかなりポイントになってくるが、現実的に本体で380万円とかいう数字になってくると、クラウンHVとほぼ同じになり、あまりお買い得なイメージはない。アコードに2.4LのNAが日本にももし投入されたとしても、300万円程度の設定だと今度はアテンザの2LのNAが250万円のほうが魅力的に見えるかもしれない。こうなってくるとアコードがヒットするためには、もはやHVがどうのこうのではなく、何らかの「走り」のセダンであるアピールが不可欠になってくる気がする。ホンダにとって北米で先行で発売している新型アコードはかなりの「意欲作」になっているのだが、ちょっと残念なことに北米仕様に関してはアテンザと同じでフロントサスがDWBからストラットに変更になっている。せっかく「走り」をアピールしたいところだが、カタログスペックの段階でマイナス評価が出てしまってはきついものがある。

  「走り」と「経済性」よりもさらにヒットへの近道になっているのが「デザイン」かもしれない。ただこちらも全長が8cm以上も縮んだようなので、以前の伸びやかな「インスパイア」から比べると、どうしても寸詰まりの感は否めない。アテンザも先代の方がカッコ良いと個人的には思うのだが、アコード(インスパイア)に関しては、先代インスパイアのデザインが素晴らしすぎるので、デザイン面での進化を感じられない新型アコードはやはり苦戦しそうな予感がプンプンしてしまう。ホンダとしては期待の「新型アコード日本版」に何かしら「想像を絶する」ような「起死回生」の仕掛けを用意していると信じたい。

↓日本市場では「ハイブリッド競争」以来、後手を踏む展開になっていますが、しっかり儲かっているのがホンダです。

posted by のっち at 22:56| Comment(4) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホンダのセダンを前車のレジェンドまで25年余り乗り継ぃできた者としては、もう少し車体の小さい車をアコードとして日本国内で販売してもらいたかったと強く思います。前車のレジェンドは全幅1845mmあり、大変扱いづらかった思いがあります。ほかの車も皆、外国市場に合わせて肥大化していますが、日本のインフラからすると大きすぎます。価格は補助金等で最終的には400万円以内になるのではと思いますが、それでも、アコードはアコードでしかなく、ミドルカーとしての車格でしか認知されないと思いますので、この国内戦略は失敗すると思います。アメリカ人の服を日本人に着せようとしても無理です。レガシィのようにドアを削ってでも1800o以内に抑えようという努力がほしかったと思います。私は今、少し小さなドイツ車に替えましたが、無駄な車体がない分、街乗りが楽しくなっています。
Posted by nonki at 2013年05月27日 17:59
nonkiさんへ

コメントありがとうございます。なにぶん若輩もののブログなので世間知らずの点が多々ありお恥ずかしいかぎりです。

先代レジェンドは私にとっては憧れのクルマで、道ですれ違うとR35GT-Rやコルベットにすれ違うくらいの高揚感があります。

気が向いたときで構いませんので、レジェンドへの率直な感想などをお聞かせ頂けたら幸いです。

今度登場するメルセデスCLAがnonkiさんが言うベストサイズでしょうか。日本メーカーも真剣に対抗モデルを用意してほしいですが、とりあえずレクサスISとインプG4と新型アクセラセダンで迎撃することになりそうです。

またコメントをお持ちしています。

Posted by CARDRIVEGOGO(のっち) at 2013年05月29日 03:01
ホンダは、6月21日に発売した新型『アコード ハイブリッド』の発売後約1か月での累計受注台数が、月間販売計画の約7倍にあたる7000台を超えたと発表した。

1000台の予想からはるかに売れているようですね^^
Posted by at 2013年07月23日 18:35
コメントありがとうございます

正直言ってあまりピンとこないのですが、セダンとしてそれが逆に良いのかもしれません。カムリより高い価格設定でこの成果は素晴らしいと思います。
Posted by CARDRIVEGOGO at 2013年07月29日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ