2013年07月02日

ロードスターに「高級感」は必要か? (マツダ・ロードスター検証 その2)

  「ロードスター/カブリオレ」というジャンルのクルマは、車格や排気量の設定が他のクルマとは違うので、人によっては「(価格が)高すぎる」というし、また別の人は「お手頃」だと感じる。多くのクルマではベースとなるクーペだったり、ハッチバックだったり、セダンが存在していて、大抵はそのベース車より割高に設定されるようだ。そういうクルマはベース車の車格によってある程度の適正価格がわかる。一方でマツダ・ロードスターのように、オープン専用車となるとメーカーでさえも価格設定に自信がまったく持てないほどじゃないだろうか。

  クルマの価格は流通量とコストを摺り合わせれば一義的に決まるものなような気がするが、どうやら3代目プレウスの低価格販売を見ていると、価格設定にもある程度は幅があるようだ。北米市場での価格を比べれば各メーカーの「適正価格」いくらかは見えてくる。そこでいろいろ調べると面白いことに気づく。まずマツダのロードスターよりもフォードのマスタング(大排気量クーペ)の方がベース価格は安いのだ。さらに凄いのは4座で大排気量エンジン搭載で、アメリカを代表するクーペのマスタングよりも高いロードスターが日本以上にしっかりと売れることだ。これはアメリカがクルマ文化において日本を遥かに上回っていることの証明と言えるかもしれない。

  日本市場にもしマツダロードスター(本体233万円)よりも安い「4座でV6搭載のクーペ」があったら大ヒット間違いなしだろう(スカクーが200万円そこそこで買えるようなものだ)。まったくもってアメリカ人は羨ましい限りだ。トヨタが去年発売した86は直4エンジンながらスポーツカーとしての性能はマスタングを上回るほどで、価格もエアコンレスのグレードなら199万円だ。やはりこの86というクルマは確実に日本のクルマ文化を成熟させるだけのポテンシャルがあるかもしれない。この手のスペシャリティカーで、マツダ・ロードスターの価格に接近させたことは少なくとも「意味があった」と言える。

  スカイラインクーペ(スカクー)は北米でも高級車で40400ドルだ。これはBMW3クーペやメルセデスCクーペよりも高価な設定になっている。エンジンの性能を考えたら当たり前だが、日本市場ではこの当たり前は通用しない。マツダロードスターは23720ドル、フォードマスタングは22200ドル(日本価格は430万円)だ。輸入車が日本では割高になるのはとりあえずいいとして、北米市場でのマスタングに価格面で相当するクルマが日本だとアテンザやレガシィになってしまう。世界基準で高性能なセダンとロードスターが300万円以下で買えるのは素晴らしいことだが、この両者のパッケージングの中間にはマスタングのような4座のクーペがあると良いと感じる。そこにちょうどうまく入ってきたのが、トヨタ86/スバルBRZになるのかもしれない。

  マスタングのようなクルマは北米以外では珍しい存在で、欧州ではこのポジションを担っているのが、ハッチバックの高性能バージョンの「ホットハッチ」なるジャンルのクルマだ。特に最近では高性能ではなくて「プレミアム」ハッチバックなるジャンルが急成長を遂げていて、日本でも本体価格300万円以下のプレミアムCセグが次々に輸入されている。実際はこれらのクルマはプレミアムとは名ばかりで、日本メーカーの上級クラスの「大衆車」(アテンザやレガシィ)の方が内・外装でも上回っているのでは?と思う節もある。しかしメルセデス・BMW・ボルボ・アウディといったブランドはまだまだそれなりに説得力があるようだ。

  これらの「プレミアムCセグ」がほぼ同じ価格帯(300万円くらい)のロードスターとセダンのちょうど中間に入ってきて、今後はこれらの国産車との比較対象になってくるだろうが、「マツダ・ロードスター」はこの流れに対してどのように「クルマの価値」を訴えていけるのだろうか? あの狭苦しいキャビンを見て、「かわいらしい」と感じるか、閉所恐怖症が首をもたげるかは個人差はあるだろう。ただここを変更してしまったらもはやロードスターではない。変更するとしたらインパネのデザインだろうか。アテンザやアクセラと同じものを使っているが、クルマが違うのだから別の設定でも良い気がする。

  この前ディーラーの担当者が言っていたが、マツダ車のマルチリンクを装備したミニバンの良さをいくら訴えても、ほとんどのお客さんにはなかなか分かってもらえないそうだ。「トヨタのエスティマはあそこにあるデミオと同じサスですよ」と説明しても、街中の試乗コースでは到底乗り心地の差は実感できない。エスティマとプレマシーを比べたらもはや価格でどれだけ差を付けるかだけの問題なのかもしれない。それでもマツダのこだわるマルチリンクの良さ端的に伝えたいなら、室内に展示してある軽自動車を一台引っ込めて代わりにロードスターを置いてみたらどうだろうか? 

  マツダにとって重要なことは、車体のパッケージに優れるトヨタのミニバンと競うことではなく、マツダがこだわっている足回りの優位さをしっかりと伝えて、トーションビームといった簡易サスを配しているVWのクルマに負けないことじゃないだろうか? またFRで軽量という最良のスポーツパッケージを持ちながら、メルセデスの不慣れなFF車に易々と小型スポーツの頂点の座を譲って良いのだろうか? 新型アクセラにも期待がかかるが、ロードスターもまたある程度は、欧州プレミアムCセグの比較対象になりうるクルマだという認識を持って、さっさと不人気なNCのデザインを引っ込めて新型デザインで発売してほしいものだ。  (次回に続く)


↓マスタングのような日本車を試しに作ってみては?デザインさえまともなら初動で10000台いける気が・・・



  


posted by のっち at 23:20| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。