2013年07月17日

ロードスターはストイックな存在でなければダメなのか? (マツダ・ロードスター検証 その3)

  私事で恐縮ですが、一人でクルマに乗る事が滅多にありません。マツダ・アテンザに1年乗って約1万4千キロ走りましたが、その内の1万キロ以上は確実に連れを乗せて走っています。それなのでドライブは2人で行くものだと思っています。現行ロードスターの設計にはいくらか違和感を感じます。果たしてこのクルマはオーナーを幸せにできるのか?なんて想いがあります。

  なんでアテンザはどんどん大きくするのに、ロードスターはこじんまりとさせ続けるのか? 去年までは4座のスポーツカーとしてRX-8がラインナップされていたこともあり、ロードスターが2座に固執することを問題視することも無かったです。マツダのスポーツタイプに乗りたいお客さんは用途に応じて、4座と2座が選べたわけです。ちょうど日産のフェアレディZとスカイラインクーペのような関係で、2台あることで市場のニーズに応えていたと思います。

  RX-8は実際は後席の居住性が最悪だったり、燃費が劣悪だったりしたのですが、それを覆い隠すほどに4座というパッケージがウケていて、多くの人に愛されたクルマでした。マツダはこのクルマをロータリースポーツの正統な後継車として、ただのスペシャリティカーを超えた存在のクルマへと仕上げました。乗用車よりもスポーツカーに軸足を乗せた設計が、「孤高の存在」としてクルマの魅力を高めましたが、実際のユーザーの中にはその運動性能よりも「小型セダン」としてのユーティリティの高さに着目した人も多かったようです。このようなニーズには、もはや燃費が悪いロータリーを無理に組み込むのではなく、代わりにガソリンのDISIエンジンでも組み込んだクルマでもなんら問題はなかったかもしれません。

  2012年の後半にマツダは極度の経営難に直面し、RX-8の生産中止とアテンザのFMCによる大型化というなりふり構わないラインナップ改革に着手しました。マツダ渾身の新型アテンザは輸入車ユーザーを中心に乗り換え需要を生み出し、現在もなお好調を維持しています。その影で従来のマツダを愛して来た、とくに長距離ドライブ派ユーザーが、これによって初代アテンザやRX-8、初代アクセラからの適当な乗り換えモデルを失ってしまいました。

  長野県の避暑地に行くと他県ナンバーの初代アテンザを多く見かけます。サイズ的にも日本向けであった初代アテンザは絶好のドライブカーとして親しまれています。マツダとしてはこれらの乗り換え需要を、間もなく発売される新型アクセラで全て「吸収」しようと考えているようです。新型アクセラはプレミアムブランド化を宣言するマツダの中核モデルにふさわしい、先進デザイン&装備を備えたプレミアムハッチバック/Cセグセダンになるようです。ただこのアクセラでは、スポーツセダンとしての性能に大きく振った初代アテンザユーザーの理想とはいくらかズレがあるように思います。新型アクセラよりもスペシャリティなボディを備えた4座の「スポーティカー」の方がイメージに合っています。さらにRX-8初期モデルユーザーに至っては乗用車然としたアクセラにあまり興味を示さないかもしれません。結果的にトヨタ86などへ流れていってしまうのではないでしょうか。

  マツダ復興の礎となった中型車のラインナップを削り、2座のスポーツカー(ロードスター)と高級志向セダン(新型アテンザ)を展開する戦略へ新生マツダは踏み出しました。簡単にいうと、成長が見込めない従来のマツダを支えてきた欧州や日本のユーザーを軽視し、成長著しい北米や中国ばかりに目を向けるようになったということです。それでも中国市場はともかく歴史がある北米市場は、そう簡単にシェアを拡大するのは難しい「場所」です。トヨタもホンダも何度となく跳ね返されて、現地生産を大々的にすることで認められていった苦難の歴史があったほどです。輸出を軸とするマツダ車が大きく受け入れられるようになるにはかなり高いハードルがあるように思います。

  たしかにマツダにはフォードを技術面で支えた実績があります。北米市場でもマツダ車はもっともスタイリッシュな乗用車ブランドとしての評価が徐々に広まっているとも言われています。よって北米でも勝負できる余地はあると思います。それだからこそ、RX-8の後継車もままならない状況で、とりあえずロードスターのシャシーを引き延ばして4座のボディを乗せたスペシャリティクーペがあってもいいのかなという気がします。マツダが得意分野であるミドルクラスのスポーティモデルをアメリカ人も待っていると思います。マツダがこだわり抜いたスポーツセダンとしての「アテンザ」を自らの手で終わらせ、市場を睨んだプレミアムセダンに作り変えたように、ロードスターにもマツダの手による「デフォルメ」が行われてもいいのではないかという気がします。


↓マツダの開発陣を叱咤激励してRX-8を作らせた元マツダ社長マーク=フィールズ氏は現在フォードの北米部門社長にまで出世されました。


  
posted by のっち at 02:36| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。