2013年08月03日

ミニバン依存メーカーの顛末は・・・

  あのBMWがいよいよミニバンを発表し、日本市場にも当然の事ながら投入してくるようだ。BMWのホンダ化計画もより高度なレベルまで踏み込んだ、次の段階へと進んでいく。より日本人の生活に深く入ってくる「BMW」ということになりそうだ。もうすでに日本の隅々までこのメーカーのクルマは溢れているのだが・・・。

  日本人のライフスタイルのトレンドを見ているとなかなか面白い。日本は世界のトレンドをかなり敏感に取り入れる国民性と言われている。よって一般的には世界の最先端を追っかける立場と思われがちだ。しかし現実には日本が世界を追っかけているというより、むしろ世界が日本を追っかけているといったほうが正しいのかもしれない。

  アメリカの保守性は日本のエコカーやコンパクトカーブームをもはね返すと見られていたが、最近では日本車のトレンドを追いかける傾向が明らかになってきている。アメリカだけでなく欧州でも日本メーカーが開発を先導してきたミニバンが広まってきている。冒頭のBMWのミニバン開発もいよいよセダンやSUVを中心に開発することが、業界内での「少数派」であることを自覚して危機感すら感じているようで、外部から見るとなかなかショッキングな決断だ。

  しかしこのBMWの決断とは裏腹に、日本市場でいま起こっていることは、(日本市場においては)これまでミニバンを屋台骨にしてきた大手3社の10%を超える販売台数の低迷だ。もちろんエコカー補助金の廃止や海外市場の好調と円安による増益でやや気が緩んでいるといった見方もできる。しかし系列販売店にとっては死活問題であり、いくら本社の業績が良いからといっても基本は別会社なのだから現在も必死で売っているはずなのに、この数字(大幅減)である。

  市場全体が縮小しているという訳でもなく、日本で普通車を毎月1000台以上売り上げる国内外の他社は揃って販売台数を伸ばしている。スバルは昨年同月比で145%と異例の快走で、マツダやドイツメーカーも揃って110~120%を達成している。BMWがその中で出遅れているかというとそうでもなかったりする(円安による値上げを予想した駆け込み需要か?)。

  トヨタ・日産・ホンダはそれぞれにミニバン以外のカテゴリーでは、最近でもヒット車をそこそこ生み出しているのだが(ホンダはこれからだけど・・・)、この数字になってしまう一番の理由はミニバンブームの終焉と言えるかもしれない。

  ただ専門家にこのことを訊くと、やや「キナ臭い」話も聞こえてくる。2000年代後半に起こった「ミニバンブーム」は、トヨタが赤字決算覚悟で仕掛けた「作りもののブーム」なのだとか・・・。実際に台数は多く売れているのだが、その中にはメーカーが台数を稼ぐために相当数の「新古車」登録を行ったものがあるらしい。そして出血覚悟で自社ミニバン中古車の高価買い取りを率先して行い、一時は買い取り業者よりもディーラーの方が、買取額が高いという異常事態が発生した。
 
  トヨタが高い買取を無理に行った理由は、社会情勢を鑑みて「残価設定ローン」で予算がギリギリな人にどんどん売るためである。トヨタはなんと状態の良い認定中古車にもミニバンに限り「残価設定ローン」を行っているのだ。

  当然ながらそんな異常な状態が定常化するはずもなく、今年の初め辺りから順次そのような状況は解消されている。主力のエスティマとアルファード/ヴェルファイアのFMCの次期が迫っており、3年以内に確実に旧型モデルになるクルマには「残価設定ローン」でまともな金額など提示できなくなっているからだ。もしかしたらこれらの主力ミニバンのFMCを一気に済まして「第二次ブーム」を仕掛けてくるのだろうか?

  トヨタにとってミニバンはもはや「金融商品」のようなものなのかも知れない。団塊世代の退職金を一気に巻き上げた悪名高い「投資信託」と同じような匂いがするのは気のせいか?金融商品もクルマもしっかりリテラシーを持って自己責任で購入しろということのようだ・・・。



  


posted by のっち at 12:14| Comment(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。