2013年10月23日

次期プリウスは「カッコいい」らしい。

  来年に噂されているプリウスのFMCがなかなか面倒なことになっているようです。Cセグのハイブリッド車が増えてきていますが、いずれも打倒プリウスを合い言葉に、デザインや乗り心地を含めた総合力でプリウスを完全に上回る商品力を目標に開発されている様子が伺えます。

  来年はホンダ・シビックHVとVWゴルフe-tronが日本でも発売され、さらに競争が激化する見通しです。さらに三菱をグループに抱き込んでいるメルセデスと日産からも、ホンダのHVに対抗できる三菱PHEV技術を作った戦略車が登場すると思われます。

  トヨタも早くから次期プリウスは40km/Lオーバーといった怪情報をリークするなど、ハイブリッド車の先端メーカーとして、他社に主導権を絶対に譲らない意思を見せています。従来のプリウスの最大の特徴は、トヨタの他のクルマの開発者がうらやむほどの高価な鋼板を贅沢に使っていることです。パワーユニット以外の軽量化については200万円台の乗用車ではあり得ないレベルにまで達しています。

  次期プリウスは満を持してリチウムイオンバッテリーを投入することはほぼ確実のようですが、さらにホンダの技術に対抗するために、駆動用モーターの性能を上げて、エンジンを熱効率のより高いものへ変更することも同時に行ってくるでしょう。おそらくそこの部分の技術に関してはほぼ目処が立っているはずです。

  せっかくの新型モデルをどれだけ長いスパンで売り続けるか。これが現在のクルマにとってとても重要で、トヨタやホンダが過剰なまでに燃費にこだわる背景には、新モデルの販売が有効に作用する期間を出来るだけ長くすることに狙いがあるようです。スズキはスイフトの販売減を受けて、ホンダが新型フィットを大々的に発売する直前のタイミングで「冷や水を浴びせるように」MCを行いました。フィットが狙っていた普通車ガソリンエンジンでの最高燃費の座をかっさらっていきました(軽自動車販売減の遺恨か・・・)。だからといって決してスイフトの販売が急激に上向いたりはしないのですが・・・。

  スズキのスイフトは「ムダな努力」というわけではないですが、トヨタの世界一優秀なマーケティングが数年前に総力を結集して出した結論が「スズキよりマツダが正しい」というものだったようです。いくら燃費性能を誇ったところで大切な部分が欠落していてはダメで、「燃費」よりも販売に確実につながり、さらにモデルサイクルの長期化につながる重要なファクターは実は「デザイン」だというものです。まあ素人でもすぐに思いつきそうなことですが、「考える」と「実行する」では天と地ほどの差がありますので・・・。

  絶対的な評価基準がない「デザイン」に、「芸術的才能」があるなんて少しも自覚していない理系エンジニア達が自信を持って挑むことのハードルは20世紀の内はとても高かったようです。しかし時代も大きく変わり、とりあえずジウジアーロに頼むという風潮もなくなり、無名の社内デザイナーがさらさらっとやっつけてしまうようになりました。

  トヨタでは頭カチカチの役員が全員OK出さないと、デザインが通過しないという暗黒時代があり、目新しいデザインが次々とボツになる「大企業病」が発生していたようですが、5期連続の赤字を記録したところでトップダウンの「デザイン改革」が行われました。社長の号令のもと「カッコ良くないと発売しない」というスタンスがラインナップにも感じられるようになりました。2011年の終わりに発売されたアクアが早くも結果を出して、トヨタはこの路線へ本腰を入れたように思います。2012年に発売されたオーリスやカローラは一体どうやって通過したの?と勘ぐりたくもなりますが・・・。

  現行(3代目)プリウスもデザイン面は客観的に見てもなかなか良かったと思います。個人的には気に入らない点が幾つかあるので、買いたいとは思わないですけど。リアウインドの下の黒い部分がいつ見ても気になってしまいます。よく見るとスケスケになっていて、車内の様子が後ろから丸見えになってます。後続のクルマに余計なもの見せる必要があるのか?といつも見る度に疑問に思います。デザインしている側は「遊び心」なんでしょうが・・・。






posted by のっち at 05:27| Comment(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。