2013年11月13日

スカイラインとレガシィ・・・国産スポ=セダは全滅?

  国産セダンは「V-car」派と「スポ=セダ」派にはっきりと好みが分かれます。クルマに無関心な人々にとっては区別されないレベルの争いですが、乗っている本人達は完全に相手を「軽蔑」している場合が多かったりします(無用な争いを煽るつもりはありせん・・・)。

  それでも近年はどちらも新車販売の不振からなかなか抜け出せず、かつてのセルシオ、シーマあるいはアリストターボ、スカイラインGT-Rといった強烈な個性を持つクルマは少なくなってしまいました。今でも休日の幹線道路を走ればかなりの頻度で10年以上前に発売されたこれらのクルマを好んで乗る人を見かけます。

  はっきり言って相当な思い入れが無いと乗れないくらいに「アクが強い」クルマで、クルマに詳しくない人が見たら残念な感想を漏らしそうではあります。それでも同年代の輸入車と比べても明らかに普遍性があって、日本車の方が艶っぽい存在なのだと改めて気がついたりします。ここまで強い思い入れを持たれる名車がかつてはたくさんあったのに、現行のセダンには熱い支持がなかなか集まらないのでしょうか?

  現行の日本車セダンが抱える大きな問題として、贅沢なクルマだけどどこかでバランスをとらなければいけないというメーカーの「義務感」がひたすらに伝わってきてしまうところがあります。とりあえず新型セダンは15km/Lはクリアしなければダメといった暗黙の了解があるようにすら感じます。10km/Lに届かない燃費のクルマは北米向けで日本で乗るべきではないのかもしれませんが・・・。そのへんのジレンマがセダンの魅力をどんどん奪ってしまうようです。

  「売れないクルマを作っても仕方ない」・・・、結局はそこで議論が終了してしまうようです。一抹の寂しさを感じながらも、まあ同意してしまう当然な意見ではあります。しかしこの中学生でもすぐに解るような理屈が偉大なるクルマ産業の真理か?と言われたらそれは絶対に違うのではないかとなんとなく思ってしまいます。

  例えば「なぜ日本からポルシェのようなメーカーが出てこないのか?」という指摘もあります。日本人はポルシェ最大のお得意様だというのに・・・。日本にはテストコースが無いとか、公道でのテストが禁止されているとかいろいろ高性能車の開発にはハードルがあるようですが、ドイツにはまったくハードルが無いのかと言ったらそれも違う気がしますし、日本で作るアドバンテージもたくさんあるはずなんですけどね。

  結局のところ、かつて「日本のポルシェ」と誇れるようなスカイラインGT-Rというクルマが作られ、ライバルメーカーからもGTOやランエボ、RX-7、NSX、S2000など世界がうらやむようなクルマが次々と登場し、現在も世界最速を誇る「GT-R」が生産されてますが、日本社会にそれを全面的に受け入れる余力はないようです。しかも不幸なことにこれらのクルマよりもフェラーリやポルシェの方がいいクルマだと思っている人が「ほとんど」だったりします。

  性能ではフェラーリやポルシェを上回っているのに、ブランディングが下手くそでクルマの良さを伝えることができず、所有欲を掻き立てられないという意見もあります。日本メーカーも当然にそれを学習していて、レクサスLFAや日産GT-Rの販売においては徹底的な一般車との差別化が図られています。儲からないクルマを売るとはどういう事なのかを日本メーカーも徐々に習得しつつあるように思います。

  「芸は身を助ける」じゃないですが、儲からないクルマは見えづらいところでブランドを救っています。三菱も日産もマツダもバブル期に儲からないクルマを世界に送り込んでいたからこそ、いまでも見事に生き残っています。ポルシェもまあ同じような背景を持っています。

  三菱なんて日本では散々な扱いになっていますが、アメリカでもドイツでも最高水準の技術メーカーとして尊敬されています。アウトランダーPHEVなんてさりげなくスゴいクルマを発売していますが、やはりGTOを復活させて世界をあっと言わせてほしいですね。

  ごく一部の人しか所有できないスーパースポーツもいいですが、やはりスカイラインやレガシィといった歴史を作ってきたクルマにいつまでも輝き続けてもらうことも大切です。メルセデスやBMW、キャデラック、アウディが「ドングリの背比べ」をするのを横目に、動力性能でも高級感でも圧倒するほどの「極上」スポーツセダンとして再び登場してもらいたいです。


↓GT-Rの安さの秘密って・・・




posted by のっち at 12:11| Comment(0) | 全メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。