2014年09月28日

日本車の地殻変動! レヴォーグ・S4・デミオ・ロードスター・・・

  マツダとスバルが今年になって発表した新型モデルはなかなか興味深いですね。これまで「護送船団方式」とか揶揄された日本メーカーの横並びなクルマ作りはもう完全に形骸化していて”280ps”の高性能車なんて無くなりました。それでも”日本車”を形成する仲間意識からか、全社が同じような方向性を持ってやや没個性なミニバンやエコカーを作っているというイメージはまだまだ残っています。セダンやSUVにしても何かとライバル社同士が似たり寄ったりのクルマを出し合って(パクり合って)いる部分もあります。かつてのスカイラインvsマークUのようなライバル関係は、21世紀になった今もなお宣伝・販売面でなにかとメリットが大きいのかもしれません。

  今ではデザイン面での”個性”が強く要求される時代のようで、セレナとノアといった一部のものを除くと、ライバル車と見間違えるようなデザインはかなり減ってきているように思います。それでもデザインこそ違っていても車体サイズや排気量は似たり寄ったりのものが多いです。スペックが詳しく載っている「自動車ガイドブック」を見ながら、なんでホイールベースまで同じになるの?などと考え込んでしまうこともあります。もしかしたら開発担当者とタイヤメーカーがかなり癒着しているのでは?といった業界の裏事情に対する疑念すら湧いてきます。ランフラットタイヤが驚異的な”繁殖力”を見ても、日系タイヤメーカーの尋常じゃない営業力を感じます。完全にタイヤメーカーの”奴隷”になっているブランドは結構多い気がします。

  マツダやスバルといったグローバルでせいぜい100 万台/年程度に甘んじているメーカーは、少々失礼ですがブリジストンやダンロップといった大手から特に執着されないのかもしれません。タイヤも擦り合わせを繰り返した専用設計ではなく、トップブランド品をそのまま使わせてもらいますといった感じで、アテンザはトランザ(ブリジストン)、WRXはSPORT MAXX(ダンロップ)が使われています。同じ銘柄のタイヤを使うBMW、メルセデス、アウディ、VW、日産スカイラインはことごとくランフラット仕様になって”奴隷化”が進んでいますが、マツダやスバルは幸運なことに独自の道を進んでいます。単にマツダとスバルにRFTを研究する余裕がないだけかもしれませんが・・・。

  それでも日本のユーザーにとっては結果オーライで、日本のような治安が良いところではRFTなんてそもそも要らないですし、高速道路でバーストしたらRFTだって完全にお手上げです。重くて燃費が悪いし、グリップも低く乗り心地も悪いタイヤを日本で履いてるって相当なアホじゃないですか?日本メーカーの間で広まらない技術は、ほとんどといっていいくらいに役に立たないものばかりで、「ターボ」(軽は除く)や「DCT」を喜ぶユーザーはクルマ音痴ですね。「RFT」もこれに並ぶ日本には不要な技術です。VWゴルフはこれにすべて当てはまります。なんでこんなマヌケなクルマが日本COTYなのか未だに理解に苦しみます。新型スカイラインの「ターボ」&「RFT」もダメだこりゃ・・・って感じですが。

  それに比べてマツダとスバルの最近のモデルはいいですね!日本の道路事情に適していてしかも楽しいモデルを次々に作っていて、クルマファンの期待に全力で報いたいという意識がよく表れています。まず口火を切ったのがレヴォーグです。かつては5ナンバーサイズだったレガシィツーリングワゴンのファンに向けて作りました!とスバルが公言して憚らないハイパフォーマンスワゴンで、10km/L走れれば燃費には目をつぶるという走り優先のユーザーにとっては、「よくぞ作ってくれました!」というところでしょうか。「ターボ」ですけど、荷物の積載を前提とするワゴン専用モデルですから、それなりに合理的に説明できます。欧州車もワゴンやミニバンだけにターボを使うなら納得できるんですが、ターボ使ったサルーンなんて・・・。
  
  このレヴォーグはデザインからもスペックからもグローバルモデルの王道の様な作りをしているのですが、なんと国内専売モデルだそうです。一体スバルは何がしたいの?とやや不可解な点もありますが、日本市場の自動車ユーザーとしては国内市場に多様性をもたらすこの新型モデルを歓迎しない理由はないです。「2Lターボ(300ps)+AWD」というメルセデスやBMWで買ったら一体いくらになるの?というほどのゴージャスで日本ではハイスペック気味な設計も「ワゴン」なら納得できますし、何より350万円で買えるのが嬉しいです。

  新型デミオも実に野心的で、今のマツダが持つ際限のない創造性がこれでもかとばかりに十二分に発揮されてます。コンパクトでスライドドアを備えた”プチバン”が日本では安定の販売台数を示していて、今後は北米や欧州にも波及しそうな予感すらあるのですが、マツダはそんなブームにくるりと背を向けて、「コンパクト・高級・ツアラー」というこれまでの小型車の常識を超えたジャンルのクルマを高いレベルで完成させたと思います。「Bセグ×クリーンディーゼル」という欧州でも極めて例外的な設計を用いることで、「高速道路を静かに走れるコンパクトカー」というトヨタでもブレイクスルーできなかった壁を見事に超えたようです。

  小型ガソリンエンジンのクルマで長時間高速道路を走ると、乾いたエンジン音がざわざわと耳障りで、運転席と助手席の会話もやや声を張らせる必要があり、東京〜京都の5時間巡航などしようものなら疲労で着いてから何もやる気がおきません。比較的静かなイメージのあるトヨタ・プレミオでも1.5L車だと騒音は酷くて、前後の席間の会話はかなりつらいです。これがマツダ・デミオに新たに採用される1.5Lクリーンディーゼルになると、高速域ではガソリンエンジンよりも低回転での巡航が可能になり大幅に騒音が軽減できるのだそうです。いろいろな技術革新が叫ばれている自動車業界ですが、トヨタもホンダも自動運転技術で先進性をアピールする前に、自ブランドの最量販車種の使い勝手についてまだまだ改良の余地がたくさんあるはずです。アクアもフィットHVも高速道路を長時間巡航すれば、モーターは使えず非力なエンジンが耳障りな騒音を出してバッテリーを積んだ車体を引っ張るわけですから・・・。


リンク
最新投稿まとめブログ




posted by のっち at 05:53| Comment(0) | 全メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。