2013年06月18日

インプレッサWRXがスバルを引っ張る時代は終わったかもしれないが、このクルマにはまだまだ可能性を感じる。

  2000年代の前半まで、WRカーの花形モデルとして世界中で絶大な支持を受けたインプレッサWRX-STIがどうやら曲がり角を迎えている。比較的、廉価なスポーツモデルとして、若年層でも無理なく購入できるパッケージはこれまでは「お買い得」感すらあった。しかし世界的に急速に「燃費がいい」スポーツモデルが現れだし、一般モデルのクルマでも最大トルク40kg・mを出すものも珍しくなくなって、一気にその存在が霞んできた印象だ。これはライバルのランエボにもまったく同じことが言える。

  もはや「高性能」だけで一般モデルとの価格差を納得させるには、R35GT-Rに匹敵するくらいの「加速性能」が要求されるようになって来ている。インプにしろエボにしろ、設計を改めてさらに高性能化したところで、500psクラスのGT-Rやコルベットとの価格差がほとんど無くなるだけで、果たして「スーパースポーツ」に匹敵する商品力が出せるか?というととても微妙だ(世界中の金持ちがインプやエボに好んで乗るとは思えない)。

  最近ではインプとエボの築き上げた「4WD小型スポーツ」というジャンルにメルセデスが乗り込んできて、スバルも三菱も余計に商売がやりにくくなってきた。10年以上に渡って切磋琢磨してきたインプとエボが、いきなり現れた「4MATIC」のメルセデスAMG45に負けるはずはないのだが、メルセデスはより広く「ライトユーザー」にアピールできる強みがあるのは脅威だ。

  さらに厄介なことに、マツダがディーゼルターボを使った新型アクセラのスポーツモデルを投入してくるのは、ほぼ確実でマツダが誇る2.2Lクリーンディーゼルターボは現状でも40kg・mの最大トルク(インプWRXと同じ)を誇るので、そのポテンシャルは図り知れない(しかも日本では燃費に関しても圧倒的に経済的だ)。さらに日産やホンダも今後HVをターボ代わりに利用したスポーツモデルを投入する動きを盛んに見せていて、これまで「この世の春」を謳歌していたインプやエボは「革新性」で置いて行かれている感は否めない。

  そんなインプとエボはここに来て、揃って「ダウンサイジング」を打ち出してきた。2.0Lターボ→1.6Lターボの移行は、影響力の強いF1のレギュレーション変更に合わせた「便乗作戦」の意味合いも当然考えられる。ホンダもF1参戦のタイミングで「シビックtypeR」を復活させ、F1と同じ排気量の1.6LターボのV-tecエンジンを搭載で日本市場にも投入するという噂もある。これでは次期のインプとエボに「モロ被り」になって競争が激しくなり3台とも共倒れという可能性もある。

  スバルも三菱もホンダも従来ではスポーツカーに関しては「走行性能」でしか勝負しない方針を採っていたようだが、スバルはここに来て内装・外装での差別化の動きが見られる。現行モデルを比べると(シビックtypeRは売り切れだが・・・)、インプWRXが内装面では一歩リードしていると言える。ベース車のインプレッサもプレミアムブランドとの競争が避けられない状況ということもあり、現行モデルではレガシィと全く同レベルまで内装が引き上げられている。実際に新型メルセデスAクラスと比べても大きく見劣りはしないくらいだ。

  さらに先日発表された、「WRXコンセプト」の外装デザインがスバルブランドのイメージを大きく覆していて、「プレミアムブランドへの脱皮」を強く意図したコンセプトモデルとして大きな反響を得た。マツダにこれ以上の差をつけられてはたまらないという危機感も感じられる「意欲作」で、メルセデス級のスピード感で商品化に移せるならば、インプWRXの閉塞感を打破して、ラリー→ラグジュアリーへのイメージ転換を実現できるだろう。


↓導入されたハイブリッドをスポーツモデルへと転用できるのか?

posted by のっち at 05:04| Comment(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

スバルBRZは「タイヤに優しい軽量FR」ってことでOK?

  スポーツカーの定義なんていちいち理屈を捏ねて、「Z4」や「SLK」は亜流だとか書いていたこともあったが、よくよく考えればそんなことはどうでもいい事だと思うようになった。スポーツカーとされるクルマが必ずしもスポーツ走行目的で使われるわけではないし、人によっては「乗用車」という殻を破って中から出て来た「コア」なマシーンをイメージしていることもあるだろう。日常使用でまったく使わない機能を取り除いていく中でスポーツカーに辿りつくクルマ選びは、ある種「断捨離」(家の中の無駄なモノを全て処分する整理術?)に似ている。

  「断捨離」のイメージに真っ先に結びつくクルマと言えば「エコカー」かもしれない。しかしエコカーの絶対的性能が「クルマの本質」を満たしていないと考えるならば、エコカーそのものが「不要」でしかない。高級な乗用車から「無駄」を省くと、必ずしも「エコカー」になるわけではなく、それはかなりの割合で「スポーツカー」になるのではという気がする。スポーツカーといってももちろんフェラーリやランボルギーニのような「スーパーカー」ではない。これらのクルマはメンテナンスだけでも多くの費用がかかるし、500馬力の性能をしっかり使って走ったならば、ボディもタイヤも相当の負荷がかかりすぐに消耗してしまう(つまり無駄なスペックが無駄な消耗を生んでいる?)。

  乗用車から無駄を取り去ったスポーツカーが、マツダ「ロードスター」のようなクルマだというのはある程度納得してもらえるはずだ。同じようなコンセプトのトヨタ「86」とスバル「BRZ」がヒットした背景には、トヨタが拘って設定した「200psで2LのNA」というスペックが大きく関係しているように思う。1200kgの車体をドライブするのに十分な動力性能を確保しつつ、NAにすることで、タイヤやエンジンへの過剰な負荷を抑えるという見事な戦略が見てとれる。そこに2+2シーターのボディを載せて、ある程度の使い勝手を担保しているのだから、大きくデザインなどを間違えない限りは大ヒット間違いないのクルマだったと言える。発売当初からパワー不足だといった批判もあったようだが、過給器設定はまったくもって筋違いではないかという気がする。そもそも直進安定性よりもコーナーワークに振った足回り設定なので、欧州車(メルセデス)のような直進安定性に重点を置いているクルマとは考え方が違う。

  86とBRZはメルセデス63AMGのような高出力ユニットを積んで走るクルマではない。メルセデス車の後輪はそれこそ直進安定性の「鬼」であることを示すかのような、太いタイヤが装着されているのが印象的だ。しかし日本の山岳地帯をあの太いタイヤで走っても、「曲がる」のに苦労してばかりで全然楽しくないだろう。86/BRZもトレッド幅が十分に確保されているので、タイヤと過給器の設定を変えれば、メルセデスのようなクルマに仕上げることもできるはずだ。しかしおそらくトヨタとスバルが目指した目標は、メルセデスの直進安定性などではなく、あくまで制限速度が100km/hに抑えられている日本人のライフスタイルに合ったクルマの提案なのだろうと思う。「軽量ボディの恩恵を最大限に生かして、タイヤやエンジンを大事に使うクルマ」といったところではないだろうか。

  2LのNAのエンジンは、足回りがゆるゆるでCVTのクルマだと、とても速いという実感が得られないかもしれないが、MTやスポーツモードATを使ったクルマなら相当に速く走らせることも可能だ。体感だと0-100km/hで7秒台を切ることも可能ではないかと思うほどだ(アテンザ20Sでの感想です・・・)。それこそ上手い人が乗れば、NSXと互角に走ることも十分にできるだけの力があるんじゃないか?とすら感じる。モータージャーナリストの中にも、86やBRZが「非力」だとか、スバルのBRZのターボ化を期待するとか主張する人がいるが、とても違和感を感じずにはいられない。そんなクルマが欲しければボクスターでも買えばいいのではと思う(価格差なんて大したことないはずです)。トヨタがあらゆる状況をシュミレーションして出した企画なのだということを頭に入れてじっくり吟味すれば、いかに「クルマ文化の充実に貢献できるクルマか?」という重要なポイントはすぐにわかるのではないでしょうか。

 
posted by のっち at 03:16| Comment(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

好調スバルの次の一手は? アテンザ越えの「新型レガシィ」

  トヨタによるスバルのグループ内での役割は、おそらくは北米市場でライバルのホンダの主力車(アコード・CR-V・シビック)を徹底マークすることが期待されていると思う。スバルは現在その「期待」に応えるべく、北米で躍進中でBMW・メルセデス・マツダを軽く抜き去り、VW&アウディをも射程に入れている。その先の「トップ7」とはまだまだ差があるが、いま一番勢いがあるメーカーと言える。

  ホンダは北米最強の「ミドルクラスカー・メーカー」で主力の3台は月販で2万台を軽く超える。一方でスバルも主力の3台(レガシィ・フォレスター・インプレッサ)で対抗しているが、どうしても北米では「4WDのSUV」が得意なメーカーという認識があるようで、フォレスターに加えて、レガシィとインプもSUVモデルがよく売れている。3車種(レガシィ・フォレスター・インプの各シリーズ)ともにそれぞれ月販1万台程度は確実に売れるようになってきた。気になるのはインプのセダンやハッチバックといった、日本ではオーソドックスなスタイルのものがやや失速気味だ。レガシィもB4よりアウトバックの方が大ヒットしている。

  スバルとしては「セダン派」に対しての訴求力が足りないのかもしれない。その原因は簡単にわかる。まずスバルの北米向け公式サイトは、はっきり言って「地味すぎる」。北米で展開する主要メーカーのサイトと比べて、スバルのものだけは、何も伝わってこないし、非常に扱いにくかったりする。他の主要メーカーではBMWもスバルと同じでつまらないサイトになっている。それでもこの2社はそれでも「クオリティカー」専門メーカーとしては確実に成功している部類には入るが・・・。BMWはともかく、スバルはセダンの販売力のためにも、更なるイメージ戦略を展開する必要があると思う。サイトの改良も必要だが、同じ4WDセダンを展開するアウディと互角に戦えるくらいに「セダン」(レガシィB4とインプG4)のスタイルを「革新」しなければ生き残れないだろう。

  そんなことを思っていたら、先日スバルは「WRXコンセプト」というモデルカーを発表してきた。かなりトレッドを広くした「北米重視」モデルで、スバルの新しい「3BOXカー」デザインを予感させるものだ。今後スバルがこの「コンセプト」でブランドに統一感を持たせて、G4とB4を作っていくならば、スバルもプレミアムブランドとして認知されるのではないか?という実力十分のデザインになっている。特にフロントデザインは従来のスバル車とは大きく違った印象を受け、まるでメルセデスかアウディのようだ。

  やはり日本でのライバルのマツダがセダンで「大ムーブメント」を起こしつつある中で、「スポーツセダン」にこだわり続けてきたスバルとしては黙ってられない状況になったのかなと想像できる。現行レガシィB4やインプG4は、開発時のトレンドとして、「セダンは高齢者向け」という価値観に支配されているように思う。ルーフを高く設定したために、ドイツプレミアムの車と比べて「かっこ悪く」なっている。走行性能では過激なまでの「DITエンジン」搭載モデルを用意してるのに、デザイン面で敬遠される印象だ。まったく宝の持ち腐れである。もしこの「新しいデザイン」でレガシィB4DITが300万円で買えるなら、マツダ以上の大ヒットを記録するのではないだろうか?

↓「マツダのデザインがスバル車に乗ったら?」とか、みんな想像しちゃいますよね・・・

posted by のっち at 11:03| Comment(0) | スバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ