2014年06月17日

フィットセダンHVに勝算はあるのだろうか?

  カローラとシビックというライバル関係はいまでもアメリカではガチンコ勝負の関係で成立しています。北米市場でのこのクラスの売れ行きは完全にセダンなので日本とはだいぶ違った印象ではありまして、カローラセダン(アクシオとは違う)は、来年にも発売されるFCVみたいな雰囲気で、シビックセダンはホンダらしいフロントノーズの短いデザインでフランス車の趣があります。

  昔は「国民車」として不動の地位にあったカローラも、現在の国内市場ではその面影は完全に無くなり、トヨタの中でもかなり地味な存在になってしまっています。販売店網の兼ね合い(カローラ店専売モデル)で、その地位をプリウスに譲り渡したわけですが、ライバルのVWが誇るビートルやゴルフのように人々に親しまれる存在として、伝統のこのモデルをトヨタの「象徴」へと昇華させられなかったのは悔やまれるところです。

  シビックもかつてはフォーカスやゴルフにも先行した世界最先端のハッチバックだったわけですが、日本市場ではラインナップ落ちしてもう数年が経ち、今では「シビックって何?」という人も珍しくありません。「継続は力なり」とか言いますが、気がつけばカローラやシビックからあらゆることをパクってきたゴルフが今では「世界のスタンダード」と祭り上げられているわけです。

  さてシビック撤退でホンダラインナップで唯一の小型セダンとなっていた、「シティ」ことフィットアリア(東南アジアから逆輸入)も現在では販売が停止されていて、小型セダンの乗り換え需要に応えられなくなっていましたが、東南アジアでトヨタの牙城を崩すべく奮戦している新型「シティ」をベースに、HV専用車「フィットセダンHV」という形で再び日本での発売を再開するようです。現在の日本市場で同クラスのクルマは、日産ティーダラティオ撤退後は、ヴィッツのシャシーを使って5ナンバーを維持したカローラアクシオがあるだけになっています。フィットセダンとカローラアクシオにモデル名こそ変わりましたが、ホンダが再び日本市場でトヨタと勝負したい!という社内の士気高揚を意図したカンフル剤的な意味もありそうな気がします。ドリキンが再びこの2台を峠で乗り比べて「やっぱりスポーツはホンダかな・・・」みたいなこと言ってくれるのでしょうか?

  トヨタとホンダのハイブリッド戦争は1997年からから、お互いに露骨なまでに意識し合うことで、メディアを巻き込み最終的にはトヨタが優勢だったような印象をユーザーに与えつつも、どちらもとてつもない収益力と競争力を持つ巨大メーカーとしてグローバル市場のライバルに恐れられる存在でした。2000年頃からホンダは大丈夫か?という声も聞かれましたが、世界がM&Aの再編劇に踊る中、「独立独歩」の精神を貫き、健全経営に邁進したホンダは大手メーカーでは世界で唯一と言っていいくらいに過去20年で1度も赤字を出していません。ホンダは日本型経営の最先端を行く「決して負けないメーカー」なのです。

  それはさておき、トヨタとホンダはともにHV車の量産を始めた当初は、どちらも「ブランディング」を意図して、HV専用車という枠組みでシステムの充実を図りました。自動車ファンに乗り味が悪いと叩かれることは、どちらも承知の上だったので、既存のブランド力のあるモデルにHVを付加するという愚かな行動にも出ませんでした。しかしHVの乗り味が飛躍的に向上し、カムリHVとそしてCR-Z&フィットHVが登場したころから、ガソリンモデルと遜色の無い「走りのHV」が実現され、既存のガソリンモデルへのHVグレード追加が相次ぎました。

  当初は希少だったハイブリッドが、現在では間もなく登場するスズキを含めて全ての国内大手から発売されるものへと変わりましたが、トヨタもホンダもこのタイミングが到来することを逆算した上で、「小型セダンの復権」という新たな構想を見事に共有しているようです。従来は大排気量エンジンの強力なダイナモが無いと使えなかった電装品が、HVの大容量バッテリーによって動かせてしまいます。その気になれば助手席をマッサージチェアに変えることだって出来るわけです。

  さらにアクシオやフィットセダンに積まれるものと同じ容量の「1.5L+HV」というシステムのポテンシャルは、とてつもなく高く50km/L超の「超低燃費」車へと進化させるのも難しいことではないようですし、「BMW i8」のようにモーターを増やせば300ps超のスーパースポーツを作ることもできます。もはやHVが周囲に迷惑をかけながらノロノロと走る時代はとっくに過去のものになっています。

  ホンダやトヨタがどこまでこのスペックのクルマに構想を持っているかはわかりませんが、フィットがセダンになってボディ剛性が上がって、まあ当然に「ハイブリッド版RS」みたいなMTのスポーツグレードも出てくるでしょう。ヴィッツRSよりも剛性が高いだけでなく、ホンダが鋭意開発中のモーターによる瞬時のトルク変化で回頭性を引き出すSH-AWDのノウハウを生かしたウルトラ=ハンドリングを持つスペシャルな1台だってやろうと思えば難しくはないはずです。そしてトヨタも社長の号令の元、負けじと、「カローラアクシオG’s-RS」といった名称で、得意の「スポット溶接打点増」によって、新たな社長のラリーマシンを仕上げてくるかもしれません。トヨタとホンダちょっとムキになれば、国内のクルマ人気もあっさりと再燃するんじゃないでしょうか?

  
リンク
最新投稿まとめブログ


posted by のっち at 12:11| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

アコードHVが欲しいけど、いまいちパっとしない・・・

 新しい技術との遭遇なんて得てしてこんなものなのかもしれないですが、アコードHVはその本質が実に分かりにくいです。ホンダも「分かる人だけ買えばいい」みたいなスタンスのようなので、私も想像力を働かせてなんとか購入候補者になりたいのだけれども、どうもこうも自分の頭の悪さが恨めしい。このクルマは北米では堂々の販売台数ナンバー1のセダン。クーペとか日本でも用意してくれればだいぶ分かりやすくはなるのだろうけど。

  HVしか日本では売らないという戦略が裏目に出ているという声もある。しかしトヨタのカムリHVは、日本上陸まもなくでかなり好意的な評価を獲得しました。カムリHVの良さを挙げると、保守的ではあるけど高級感溢れるデザイン。HVのイメージを変える良好な加速。FFの長所を生かした居住性の良さ。シンプルながらハイセンスにまとめたインテリア。Eセグに迫るサイズなのに15km/Lの燃費。とこれだけ揃ってしまえばもう誰も文句は言わないです。

  アコードHVの不運なところはカムリHVに美味しいところ持っていかれて、他にも日本車のセダンが多く話題を振りまいていた時期にひっそりと登場してしまったこと。完全に萎んでいた日本のセダン市場がカムリHV発売から1年あまりでここまで様変わりするとは、さすがのホンダでも読み切れなかったのかな。実際のところは後手を踏んだことで機を逸したと判断し、日本専用フェイスを断念し、ラインナップの片隅にとりあえずブランドの態を成すために置いておくという消極的な判断になってしまったようです・・・。

  繰り返しになりますがホンダとしては「分かる人だけ買えばいい」という姿勢?なので、興味がある人は自分の力であれこれ判断しなければいけないわけです。果たしてこのクルマはライバルより優れた何を秘めているの?と基本的な特徴くらいは分かりやすく説明してくれても良さそうだけどもホンダから歯切れのいいセールス文句はないです。とりあえずこのクラスでの燃費はナンバー1なのは間違いなさそうです。

  それを裏付けるのが搭載されているLFA+i-MMDユニット。熱効率を徹底的に追求した技術の結晶として専門家にも高く評価されているが、ホンダの技術屋が突っ走った結果、トヨタのHVシステムとの比較が難しいものになってしまったのだとか。ホンダとしてはこのユニットのもっと多くの車種で採用して、その真価を世の中に問うてみればよいと思うのですが、先日発売されたオデッセイにも搭載されませんでした。いよいよ話題の新型ユニットながら、早くも神秘のユニットになりつつあります。どうやらカムリHVやクラウンHVに使われるシステムよりも燃費は良いけど、運転しての楽しさは乏しいというのが現状での評価のようです。

  正直言って365万円に設定されるセダンには「運転の楽しさが乏しい」なんていう弱点はあってはいけないと思います。その主張を貫くならば、このアコードHVは否定されるべきなのかな。アテンザやレガシィのようなコンセプトを裏切らない妥協なき作り込みを最優先する人にはなかなか厳しい選択のようです。なるべくアテンザと比べないようにしながら、EVとしての魅力や、アメリカ車的なフワフワした乗り心地にひたすら納得するしかないか・・・。

  批評を見たりいろいろな人の意見を聞くと、エクステリアもなかなか評判が悪い。ただしディーラーに飾ってあるクルマを見る限りでは、至近距離でも遠目にも悪いデザインでは無かった。批判が集中するフロントデザインは、ドイツ車なども徹底的に作り込んでくるポイントなので、本気で競争するならば、もう少し頑張っていいかなという気がするけれど、伸びやかなサイドデザインやリアのバランスの良いデザインなどは、BMWやメルセデスなどよりも断然良いと思う。

  内装も非常にレベルが高い。日本車の中で特に北米で競争力を持っているクルマは近年とくに良く出来ているように感じる。アップルを生んだアメリカはあらゆる機械のインターフェイスにデザイン性と利便性を追求する傾向があるようで、アメリカからやってきたキャデラックなんかは、日本車やドイツ車とは別次元の体感型の警報装置など人間工学を生かした先端装備が満載されている。アコード、カムリ、ティアナ(アルティマ)の3台はいずれも北米市場の先頭を走るベストセラーセダンだけあってセンスの良さが光ります。

  さてここまで検討しても、やはりイマイチというかもやもやしたものが残ってしまいます。良い部分は間違いなくよいのですが、高速道路走行で燃費が顕著に悪化するなど、使用環境を考えるといろいろ躊躇する点も多いわけです。こんなもやもや感をすっ飛ばしてくれるような華麗なデザインのクーペでも出してくれれば一気に心は動くのでしょうけど・・・。
  
「最新投稿まとめブログ」へのリンク


ラベル:アコードHV
posted by のっち at 04:16| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

ホンダS660だけでなく、次世代軽自動車がなかなかだ・・・

  ホンダが軽自動車に殴り込みをかけた理由がやっとわかってきました。トヨタとの対決を避けるなどと言われています。ホンダとしては日本と北米で共通設計のクルマをそのまま売る事は無理だと結論して、国内専用モデルを発売できる余力があるトヨタと競合しても勝ち目はないというのもあるでしょうが、ある程度はトヨタの未来をも予測していたのではないかという気がします。

  トヨタの普通車シェアが高まった結果、必然的に起こる「地盤沈下」を予期していたかのようです。トヨタがひたすら目指す燃費世界一の普通車は結局のところ軽自動車と同じ「ラーニングコストが安い」という個性しかありません。かつての世界一リッチだった日本の普通車の面影は次々と無くなっていって、「エコカー減税」といった恩恵がなくてもクルマとしての価値が評価される「価値ある普通車」がどんどん姿を消しています。

  国産車・輸入車問わず、クルマの作られ方に様々な「留意点」が増えて来たことはとりあえず別の機会に述べることにして、要するに700万円とか1000万円とかするクルマに乗って有頂天になっているのが結構ガチで恥ずかしい時代になってきたのは間違いないです。「お金持ちでも軽自動車に乗る時代」だからこそ軽自動車がここまで景気良く売れるわけです。ホンダはいち早くそのことに気づいてトヨタや日産に先んじて「制圧」に乗り出したわけです。

  なんと言っても顧客の大半はお金持ちですから、フルオプションで200万円以上でも次々に売れます。ホンダが同じように軽自動車を扱うマツダやスバルと違う点は、決して軽自動車をコンパクトカーの下のグレードと考えていないことです。ホンダの軽自動車は高級車であり、そのためにミニバン以外の目障りな普通車ラインナップを日本から除いています。フィットならば軽自動車と大きく差がありませんので残しますが、シビックだと軽自動車より明らかに上級なクルマに思われますので、日本には持ってこないわけです。同じディーラーでアクセラやインプレッサをこれ見よがしに売っているマツダ・スバルとは発想が大きく違うようです。

  ホンダはすでに「Nbox」と「Nワン」の2種の軽自動車を次々とヒットさせ、スズキとダイハツの2強の間に見事に割って入り、現在では3強を形成しています。さらに新たに「S660」と「Nワゴン」の2種を東京モーターショーに出品してまもなく量販体制に入るようです。

  新たに追加される2台は、さらに強烈なモデルになっていて、考えようによってはこの2台を所有してペンション経営でもしながら静かに暮らすのもいいかも? なんてイメージが湧いてくるイマジネーション豊かなクルマなんですよね。ホンダの想像力と言うべきか底知れぬ力を感じます。やはり素晴らしいクルマというのは、所有したときのイメージが鮮明に頭の中に次々にひらめきます。

  例えばトヨタ86やマツダアテンザを買ったとしてもどれだけにイメージが湧くでしょうか? もちろんこの2台もそれなりに楽しいオーナーライフを約束してくれるでしょうが、ホンダの軽自動車はそれをも上回るくらいの実力があるのではないかという気がします。「Nワゴン」の後席の居住性や乗降しやすさはアテンザを上回ってしまっているといっても過言ではないです。

  ホンダに限らずダイハツやスズキも触発されて素晴らしい新型軽自動車を開発しています。マンションの駐車場の隣りにはスバル・ステラが止まってますが、やはりスバルやマツダ、三菱&日産は軽自動車をやっつけで作っているので(スバルは生産を終えています)、まったく魅力の無い軽しか作れないようです(サンバーがRRだと言っても全然いいと思わないです)。しかしホンダは軽自動車のポテンシャルを完全に信じてクルマを作っているので、その輝きが全然違います。やはりホンダは世界に誇る自動車メーカーだと再認識しました。





posted by のっち at 06:43| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。