2013年02月21日

ホンダアコードは日本式セダンの生き残り・・・

  ホンダアコード20TL新車本体249.8万円
  
  ホンダアコードは北米仕様車(インスパイア)と日本仕様車が異なるのでややこしいのですが、日本ではせいぜい月販300台程度に落ち込んでいて、この日本のアコードは北米では「アキュラTSX」として販売されている(全車輸出)。日本での販売不振の直接の原因は、2008年のFMCで車幅を一気に1840mmまで拡大したことによるが、今やアテンザもレクサスGSもこのサイズなので無理な大きさではない。

  ホンダアコードは北米だけでなく、欧州にも展開されているスーパーグローバルセダンだ。i-VTEC搭載の2Lエンジンに4輪ダブルウィッシュボーン(DWB)のパッケージングは、スポーツセダンとして世界最高のレベルにある。エンジンの性能を使い切るバルブとFF車の旋回性能向上には必須のDWB装備というサルーンとして当たり前の装備が、コストが障壁となってできないケースがとても多い。4輪DWBはドイツ車では600万円以上(BMW5・ベンE)から装備される高級部品だ。

  日本のクオリティの象徴だった4輪DWBですが、トヨタ・日産の高級FRモデルには付いていますが、軽く400万円するレクサスHSでは省かれるなど、コストダウンで不採用が目立ちます。新型アテンザもストラットになりました・・・。HSにしろアテンザにしろFF車こそDWBの恩恵があるのだから(登り坂カーブでトランクションが抜けにくい)、高級車として売るなら絶対に装備しておいてほしい(話題のメルセデスAやCLAもストラットなのでダメダメだ・・・)。

  さてFFセダンで未だにDWB装備を守っている希少車種となったホンダアコードですが、次のFMCでもそのままだったら、購入すべき第一候補のセダンになると思います。できればもうちょっとデザインを頑張ってもらって、アテンザやクラウンに匹敵するようなオーラのあるエクステリアにしてほしいですね。
  
  
posted by のっち at 11:53| Comment(6) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

ホンダシビックの日本復活を希望

  ホンダシビックは「日本のクルマ作りが世界で一番だ」ということを世界中に強くアピールするクルマだ。大きく豪華に作って世界に認めさせるのではなく、世界のどの地域でも受け入れられるごくごく一般的なクルマをコツコツと熟成させてきたことに価値がある。しかしなぜか本国(であるはず)の日本では現在ラインナップから消えている。一番の理由は販売不振ですが、そこまで極度に売れないクルマではない。おそらくホンダとしては「クルマの良さが正しく評価されない国で売るクルマではない」という意地があるのだろう。

  トヨタのカローラや日産のサニー(現ラティオ)と並んで小型車の代名詞だったホンダのシビック・・・。ホンダとしてはこの括りそのものが屈辱的なのかもしれない。カローラやサニーは今や見る影もないほどの「コストダウン」の塊のようなクルマに成り果てている。価格が安いのは結構なことだが、それでもお買い得とは決して思わない。シビックの弟分のフィットよりも低価格なのに、お得感がまったくないというのは異常なことだ。こんなクルマと比較されてしまうくらいなら、誰でもシビックを日本で売りたいとは思わないだろう。(VWゴルフをカローラと比較する人がいるが、それはさすがにゴルフに失礼だ)

  ホンダとしては、10年近く第一線を走り続けている名車「フィット」があればそれでいいという計算もあるだろう。さらに昨今では新型の軽自動車がことごとく大ヒットする「ホンダ革命」が進行している。中型・大型車のラインナップを削ってまで小型車の全力投球している姿勢もよくわかる。ホンダのフィットや軽自動車は、居住性や走行性能・燃費に至るまでカローラを全面的に圧倒しているから売れるのは当然だ。

  そんな真面目にクルマを作り続けるホンダの「クオリティカー」をそろそろ日本でも見てみたいと思ったりもする・・・。かつてのような4輪ダブルウィッシュボーンのシビックのような、思わず唸ってしまうクルマをまた作ってくれそうな期待がホンダにはできる。世界中で売れているゴルフがおそらくお手本にしたのは、かつてのシビックだ。欧州のクルマ好きにとってゴルフはシビックのパクリにすぎないから意外と評価が低かったりする(シビックが日本で不人気のように、ゴルフもドイツで不人気か・・・)。

北米向け「シビックセダン」(2010年製)150万円〜
欧州向け「シビックタイプRユーロ」(2010年製)200万円〜

  2010年の北米FMCまでは日本でもシビックが売られていたので、中古車ならまだまだ状態の良いものがお手頃価格で売られている。北米向けのセダンタイプはキャビンを大きくとっているので、フロントノーズやリアピラーの形状にちょっと好き嫌いがあるかもしれない。ただNAの2Lで150馬力のエンジンは、日本では少なくなっているが、遠距離ドライブにはベストなスペックなので楽しいドライブが満喫できる。

  また限定車として欧州向けのシビックタイプRユーロは2LのNAで200馬力を絞り出す高性能なVTEC(可変バルブ)エンジンが搭載されていて、軽量でハイパワーでかつNAのアクセルに比例したパワーの出方は、ターボエンジンか重力があるV6だらけの200馬力クラスにおいては圧倒的に楽しくワインディングロードを走ることができる(対抗できるのはマツダのロータリーエンジンくらいか)。

  ロータリーもなくなり、高性能VTECも発売されなくなった2013年の日本は、どこかすきま風が吹きぬけるようなむなしい気持ちになってしまう。まだまだシビックやRX-8の状態の良い中古があるうちに1台調達しておかねば、と思ってしまうこの頃ですね・・・。
posted by のっち at 11:47| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

大型セダンを所有してみる?

  大型セダンは新車で買うととても高価ですが、中古車ならかなり不人気なのでビックリなくらいにお買い得だったりします。自分自身が実は興味振々で、いきなり600万円は無理なので、とりあえず1台試してみたいなと思ってます。

ホンダ「レジェンド」
  メルセデスEクラスもBMW5シリーズもいいクルマだと思いますが、日本人ならレジェンドかな!このクルマの5年落ちが200万円台で手に入るののはとても幸せなことです。なんてったって世界のホンダのフラッグシップです。日本にはしばらく後継モデルの発売がないそうなので、「型落ち」とか言われることもなく最高級車に乗れる。250万あったらインプレッサG4で決まりと思っていたけど、同じ250万のレジェンドもその気になれば10年いけそうだ。そもそも大排気量エンジンは20万キロ走ってもぜんぜん元気らしいし、5年前のホンダの内装は今と何ら変わらないです(現行のスバルより確実に内装いいです)。これは魅力的だな。
  レジェンドのいいところは、デザインがあんまり偉そうじゃないところです。その人なりに乗れるというか、別に大きいクルマを誰が乗ってもいいはずですが、ベンツSやBMW7やレクサスLSや日産シーマだといろいろしがらみがややこしかったりしますね。そういう面倒な社会性なども背負わされてしまうのがクルマのなんともいえない面白いとこだったりするのですが、あんまり社会秩序を乱してはいけないので、20〜30歳くらいでLSを乗り回すのは控えた方がいいですね。逆にフェラーリとかポルシェならいくらでも乗ればいいと思います。もはやクルマオタク以外でこういうクルマに本質的価値を感じる人は少なくなってるので、米軍用ハンヴィーを個人所有して乗り回すのと同じレベルじゃないですか?近くの某街道で見かけた小雨の中ケータハムで疾走する若者とか素晴らしい逸材だと思いますよ。
  自分はそこまで(フェラーリ・ポルシェ)はクルマには本気になれないし、社会性も持っていたいので、レジェンドがいいですね。クラウンよりも控えめな感すらありますね。マークXかアテンザくらいの気持ちで乗れます。それでもクラウンやマークXも年配のドライバーが多いので気を使って避けてあげたいですね。レガシィやアテンザ(マークXも)となると大型セダンではないですし、もうインプレッサでいいかもってなりますね。そういう意味でレジェンドって貴重なクルマだったですね(生産中止は残念です)。
  レジェンドの弱点といえばやはり大排気量+4WDなので燃費が気になります(じゃあ乗るな・・・)。気筒停止システムが付いているので10km/Lくらいはいけそうですが、まあ8km/Lかな。大人しくお金貯めてハイブリッドを待つしかないかな・・・。あと10年もしたらハイブリッドも中古で安くなるだろうし。日本でアキュラが展開されてレクサス並みに高騰するのは勘弁してほしいです。
  若者がレジェンドに乗らなきゃいけない理由の1番は「彼女がお嬢様」というのが結構ガチな理由だったりします。これだけレクサス・BM・ベンツが売れてると家のクルマが高級車っていう「お嬢様」な女の子も当然一定割合いるわけで、新車で頑張ってミニクーパー買っても「ちっさっ」って思ってる可能性大です。RX-8やCR-Zもまったくウケないです。インテRとかインプSTIとかもはや意味不明です。「そんな女の子とは付き合わなければいい」のかもしれないですが、こういう子の方が付き合っていて楽しかったりするんですよね・・・。
  
posted by のっち at 00:21| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。