2013年01月16日

ホンダ・フィット

ホンダ・フィット15RS(6MT)
データ・・・全長×全幅×全高 3915×1695×1525mm
総排気量 1496cc(NA)
車両重量 1060kg
最高出力 120ps(88kw)/6600rpm
最大トルク 14.8kg・m(145N・m)/4800rpm
パワーウェイトレシオ 9kg/ps

購入・・・新車乗り出し 約200万円
CR-Zは贅沢すぎる・・・。けど高速ツアラーとして1.5Lは欲しいな。できればシビックの2Lがあればいいのだけど、新型モデルはいつになるのかな?このフィットはシビック以上に車内は広いし、軽さを感じられるので運転も楽しい。できればエアロパーツを頑張ってみるととっても格好良くなります(フィット愛好家サークルの写真みて好きになった)。ホンダは1つの車種にいくつものメッセージを込めてあるけど、このフィットRSは「十分に速い」「十分に広い」「運転楽しい(5ナンバーMT)」「しかも経済的」といったところかな。

カタルシス・・・フィットRSは量産モデルでは世界最速のクルマだ。峠道でフィットRSの追撃を振切れるクルマはほとんどない(フィットに煽られ続けてもがっかりする必要はない)。高速道路の直線区間ならエンジンのデカさで突き放せるクルマはいくつもあるが、峠となると「軽さ」が圧倒的な武器になりRX-8やWRXでも明確な差は付けられないだろう。なんといってもホンダはF1においてはフェラーリと並ぶくらいの「最敬礼」に値するメーカーだ。F1に参戦してもなんのインパクトも与えられなかったトヨタやBMWとは次元が違う実績をモータースポーツで残している。ホンダは何が違うのか?ホンダはトヨタやBMWのようにセダンにV8エンジン乗せて400馬力出そうなんて考えたりしない。日本を走るのにそんなものは必要ない。クルマの最高速なんて大して意味はない。ヴェイロンだろうがGT-Rだろうがホンダの二輪と直線勝負したらまったくかなわない。ホンダのバイクは400km/h以上でる。速さとはなにかを知り尽くしたホンダの結論が「軽さ」と「バランス」なのだ。IS-FやM3はどこか本質を履き違えたクルマに過ぎない。
posted by のっち at 06:22| Comment(0) | ホンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ