2013年02月09日

トヨタ86の新古車がお買い得です。

  もうちょっと待つともっと美味しくなるかもしれないが、試乗車落ちしたトヨタ86がたくさん出てきました!ただスポーツカーとしてのステータスはだいぶ下がってしまっているので、あくまでホンダの「N-ONE」やスズキ「ワゴンRスティングレー」を買おうとしているなら、代わりにトヨタ「86」どうですか?

トヨタ「86」

  新古車(0.1万km程度)を値切れば200万ちょうどくらいで買えるようになりました。スタイルは見飽きてきましたが、このクルマは実は日本の混雑した高速道路を、かなり「軽快」に走ることができるという新たな個性が明らかになってきました(よく見かける)。スポーツミッションと軽量ボディとNAエンジンの組み合わせで、タイミングよい加速がストレスなくできるようで、高速での追い越しなどでは、日本最高レベルの機動性を誇っていると思います。日産のGT-Rとか出てきたら当然勝てないですが、旧式ポルシェと同等以上の走行性能(加速性能)ありますね。昔のシルビアの方がいいという人もいますが、ミッションの進化と車幅などの基本設計の差で、ターボのシルビアよりもNAの86の方が、確実に安全でスムーズに加速できます。もちろん大規模にエンジンやミッションを換装してシャシーも補強されたシルビアなら別かもしれないですが、それならどんなクルマ(ヴィッツやスイフト)だって高性能になります。

  ライバルはVWポロGTIくらいかな。これ新車なら300万以上します。ドイツ車はみんな重いし、ターボなのでタイミングよい加速は苦手です。高速でやたら鈍臭いドイツ車多くないですか?ポロGTIなら86ほどではないけど、少しは動けるかなって印象ですね(ポロGTIオーナーは機動力目的なので速い人が多い?)。ホンダのCR-Zはハイブリッドなので重そうに走ってます(あまりに加速がショボいのでMCで「加速ボタン」つけましたが、これMTならほとんど意味ないそうです)。VWのゴルフやアルファロメオジュリエッタ、プジョー308といったCセグカーも重そうなのは同じですね。車重とターボエンジンが仇になってタイミングが良く動くクルマが少ないですね。

  ノーマル同士なら、日本の高速で「最速」番長のトヨタ「86」です。そういうクルマを求めている人にはかなりいい選択だと思います。5年落ちのGT-Rが450万円くらいまで下がってきましたが、このクルマはメンテナンス費用が別次元(年間100万くらい)にかかるので、86のほうが断然にお買い得です。大量の新古車の流通はあと半年くらいだと思うので、買うならば今が最大のチャンスですね。






  


posted by のっち at 22:32| Comment(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

レクサスGSを所有してみる? 

  これは一般論だが、自動車メーカーで新型車の開発・販売を決定するのは、それなりに地位の高い人だろう。50歳以上の役員がどの会社でも決めているはずだ。この方々達は当然クルマが好きで自動車会社で頑張ってきたと思うし、これまでの日本メーカーが作ってきた数々の名車の誕生に深く関係してきたと思うので、個人的には敬意を持っている。

  この人々が若いころには今よりもっともっと楽しいクルマがあって、若い人も喜んでクルマを買っていた。彼らも当然クルマを持って楽しんだと思う。しかし今、発売に決定権のある彼らが作らせているクルマを今の若者達が喜んで買うだろうと思っているのだろうか?昔と比べて高級車の価格はどんどん上がっている。各メーカーのクルマ作りは「異様に高いか、異様に安いか」のどちらかになってきている。若者のためのクルマはもはやほとんど作られていない。・・・いやちょっと待て!

「レクサスGSハイブリッド」

  このクルマ、新車で買えば恐ろしく高い(700万円~)が、中古車だとびっくりなほどに安かったりする。2008年モデルが200万円台で売られている。しかしこれははっきり言ってワナだ。おそらくバッテリーの交換などでこの後に30万円くらいの費用がかかるとかそういうオチだ。ひっかかってはいけない!・・・・でもこれだったら

「レクサスGS」「トヨタクラウンアスリート3.5L」

  ここはおとなしく、ガソリンモデルにしておこう。5年堕ちの3.5LのV6エンジンモデルが200万円台で買える。トヨタが巻き起こした「燃費ブーム」のおかげで流行に敏感な(神経質すぎる)お金持ちの方々が次々に放り出したようだ。さすがはトヨタだ若者のことをよく考えてくれている。もし今、インプレッサかオーリスでも買おうとしてる人がいたら、こんなチャンスは滅多に無いので、この中古のGSかクラウンAにしておいた方がいい(燃費を気にする人は別ですが)。200万円台でいいクルマがたくさん出ている。新型クラウンもHVがお買い得で出たので、もっと値段が下がるかもしれないけど、もう十分安いです。自動車税と重量税がちょっと高くて、燃費がちょと悪いけど、昔の若者が乗っていたシルビアターボ(新車250万円)に比べたら、静かだし、スピード出るし、デートにも使える。

  世の中、燃費を気にしすぎていると思う。多少燃費が高くてもクルマ本体の価格と総合して計算すれば大した違いはない。仮に「年1万キロ走行・ガソリン150円/L」だとすると、3.5Lエンジンの燃費が7km/Lとして年間でガソリン代は年間約20万円。これを16km/Lのプリウス(実燃費はこんなもんです)に乗ると半額の年間10万円だ。10年乗っても100万円しか変わらない(ハイオクを考えても110万)。それだったらプリウスよりレクサスGSに乗りたい。環境もたしかに大事かもしれないが、ガソリンスタンドで働く人の生活も気になったりしませんか?
posted by のっち at 07:01| Comment(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。