2016年05月11日

「シャア」じゃなくて、「オーリス」の名前で認識してる人が少ない気が・・・!

  HVあり、ターボあり、NAあり、MTもあり!!!シャア専用もあり・・・ここまでくると作る方も何を考えているんだろう?って気もしますが(笑)。 国産の大衆車でここまで手が込んだ、愛情がこもったモデルは、近年ではかなりレアな存在じゃないですか? 「3%」好きのマツダがやるならまだしも、国内最大手のトヨタがやっているというのがなんとも新鮮です。出来ることならば、このモデルの販売がスイスイと伸びていって、ライバルのホンダ・シビック(日本復帰?)などにも良い影響が飛び火すればいいのですけどね。

  残念ながら今のところはなかなか人気に火がつかないですけども、なんだかとっても応援したいクルマがトヨタ・オーリスです。今さらハイブリッドが増えてどうなるものでもないかなー(4月に追加されました)。おそらく販売が伸びない原因は他にいろいろ思いつくわけですが、まずはやっぱりガッツリ200万円台という価格がなかなかユーザーに納得してもらえない点でしょうか。新型プリウスの登場で「国産Cセグで200万円台」もかなり一般的にはなってきていますが、それでもAクラスやBMW1erの在庫車が200万円台でゴロゴロありますから、その中で特に「走り」をアピールして売り上げを伸ばすのは難しいかもしれません。

  オーリスがAクラスや1erに性能面で大きく劣っているということは無いのですが、どうも「試乗車のタイヤ」でいくらか差が付けられていたりするように感じます。気の利いたディーラーは試乗車のタイヤを密かに交換したりするものでしょうけども・・・。比較的に大径のタイヤ(16インチ〜)を採用しているAクラスと1erに対して、オーリスはワンクラス下の15インチが基本でしてその辺のゆるい乗り心地がこの手のクルマのユーザーには不評かもしれません。オーリスも最新の上級グレードでは17インチ装備というものも複数出てきましたが・・・。

  しかもトヨタ車の最大手メーカーゆえの?少々困ったところでもあるのですが、プリウスだろうが86だろうが、価格帯とサイズがだいたい同じだったら同じタイヤが付いてくるという非常に大雑把な販売スタイルには疑問です。同一のモデルでもタイヤの銘柄が一致しないなど、どうもメーカーの姿勢としてタイヤへのこだわりが薄いんですよね。もっともクルマ好きなユーザーにとっては購入後に好きなタイヤに変えてしまえばいい話ですけども・・・。

  4代目プリウスの大ヒットで納車待ちが長引くなかで、いくらか余剰が出てきた先代プリウスのユニットを新たにオーリスに積んでグレードに加えて、急ぐ客に案内するのがオーリスHVの狙いのようです。その為の対応として、従来はトヨタ店のみ取り扱いでしたが、トヨペット店とネッツ店でも新たにオーリスの販売が始まりました。もちろんプリウス補完用にわざわざ国内向けにHV仕様を開発をしたわけではなく、すでに供給が始まっていた欧州向けのオーリスHVを国内市場にも転売したに過ぎません。さすがはトヨタ・・・リソースを無駄無く使っています。

  国内・北米・中国・東南アジアでのシェアに飽き足らずトヨタは欧州にもレクサス・トヨタ・ダイハツの3ブランド体制で乗り込んでいて、今でも欧州で人気のマツダや日産に匹敵する販売を誇っています。その中でも欧州戦略車の中核とされるのがこのオーリスで、当然ながら欧州で売れるスペックはほぼコンプリートしていて、「ディーゼルエンジン」も「ワゴン」もあります。マツダからの供給の覚え書を反故にしてBMWのディーゼルを載せるという、まったく不思議なミスチョイスこそしていますが、BMW製DEですから日本で販売するハードルはかなり低そうですけど。

  また欧州ではまだまだ主流となっているMT車が、オーリスにももちろん幅広いグレードに設定があるので、現在国内市場では1.8L自然吸気のユニットにだけに「RS」としてMT設定がありますが、他のユニットを積むモデルにもMTがあると「これはオーリスだけだ!!!」と話題になりそうです。トヨタもそういう売り方をしたい様子に見えるのですが・・・。

  確かに「走り」に振ったら86と競合するし、「実用」を追求すればプリウスがいる。Cセグハッチバックになかなか馴染まない日本市場では、なんとも存在意義が不明確なクルマですので、営業からみればなんとも売りにくいクルマだと思います。スバルのアイサイト装備車やマツダのディーゼルなど、お客の方から興味があって「このクルマが欲しいです!」くらいのガッツリとしたテンションでやってくる展開はあまり期待できなそうです(シャア専用は・・・)。このオーリスで客をどうやって増やしていけばいいのか!?指名買いが欲しいのならばやっぱりMT設定の拡大じゃないですかね・・・。

  さらにオーリスの良さって、「トヨタが作るゴルフ」ですから、いい意味での「シンプルさ」にあると思うのです。最近の日本車には「シンプルさ」がアピールできるクルマが少ないですね。だいたいが「過保護」なおもてなしインテリアか、「愛情不足」なやっつけ仕事のクルマに大別できちゃったりします。レクサスか?ヴィッツか?・・・そんな究極の2択ではなくて、そのどちらでもないクラスレスな演出ってできないもんですかね。

  クルマの構造として単純さを追求するならば、トヨタにはヴィッツがあるので、いかに「ヴィッツよりも限界が高い」クルマなんだということが伝わるかどうかだと思います。フランス車など見ていてもルーテシアの影にかくれるメガーヌだったり、DS3よりも地味なDS4だったり、なかなか存在感が発揮できないのがCセグなのかもしれません。このままレクサス、インフィニティ、BMW、メルセデスにCセグ市場を明け渡す前に、何か風穴を開けるようなクルマが出てくればいいと思うんですけどね・・・。


オーリスの紹介動画です(森口将之さんの丁寧な説明)。やっぱりちょっとアレが・・・


リンク
最新投稿まとめブログ
posted by のっち at 12:12| Comment(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

アリオン/プレミオにマイナーチェンジがある!?・・・らしい

  「アリオンがフェイスリフトでカッコ良くなるんだってさ!!!」「アリオンってどこのクルマ?韓国?」・・・やっぱり車名って大事ですね〜。アリオンとはトヨタから発売されているCセグセダンで、プレミオの兄弟車に当たるモデルです。プレミオがトヨペット系列から販売されていたコロナの後継モデルなのに対して、アリオンはトヨタ系列で販売されていたカリーナの後継です。

  エンジンは1.5L、1.8L、2.0Lといまどきのトヨタでは珍しい3グレード体制。このことからもわかるように現行モデルになったFMCが2007年6月と、量販モデルとしては異例といえるロングサイクルになっています。・・・そもそもフルモデルチェンジなんて無くていいんじゃないか?とか最近思いますね。もうジムニーみたいにずっと同じままであり続けてもいいんじゃないの? 

  どのメーカーのどのモデルもフルモデルチェンジによって「車体剛性が上がって、シャシーの性能も良くなった」とかしばしば宣伝してますけど、ゼロクラウンから現行クラウンまでなんらかのドラスティックな変化はあったか?といえば、クルマのイメージが大きく変わるような進化はないですし、2世代前(ゼロクラウン)も大きな変化があったと言われますが、バブル期のクラウンから一体どれだけの上積みがあるのか?疑問です。もちろん排ガスなど環境面は格段に良くなっているのはわかるんですけど、そういう類いの改良は、随時仕様を変更してしまえばいいと思います。結局は値上げの為のFMCじゃないの!?

  このアリオン/プレミオも同じで、販売てこ入れの為にFMCを企画して、経営統合目的で1.5Lエンジンのみの設定なんかになってしまったら、それはもうもうガッカリですよ・・・。10年も20年も「Cセグ・セダン・エンジン3グレード・レザーシートオプション」などの骨子を守ったまま存在し続けるモデルがあってもいいんじゃないか?と思うんですよ・・・。

  トヨタのCセグと言えば、4つの系列販売店全てで取り扱っているプリウスがあるわけで、4代目になっても相変わらずに大人気なプリウスに対して、先代プリウスが発売される前から変わらずに細々と販売が続くのがこのアリオンとプレミオです。今ではすっかりハイソカーな佇まいになったプリウスのおかげで、ますますユーザーが離れてしまう存在になっているようです。このままモデル廃止はちょっと寂しいですよね〜。

  そんな心配も無用なようで、近日中にも大規模マイナーチェンジが断行される!!!という予想外の展開になるようで、そんな情報がリークされています。最近のトヨタの弾けっぷりはなかなかですね。ビジネスユースのプロボックスがスタイリッシュになったりするくらいですから、今回も「何かが起こる感じ」がハンパないです。

  販売に大きな影響が出にくいモデルだけに、手堅いカローラのMC(あのグリルデザインは物議を醸すけど)よりも、ガラッと変わって開発者の個性が出たものになるんじゃないかと、ヘンな期待感を持ってたりします。トヨタ内部の仕事の振り分けを考えても、アリオン/プレミオの担当は決して花形ではないと思うので、ここで大きく結果をだすぞ!という覚悟が担当者にはあるんじゃないかと・・・。カローラやヴィッツよりも上級車種だけに、デザインを弄る「面積」が大きいですし、当然に振り幅が大きい何かが起こせるんじゃなの!?

  実はそれだけじゃなくて、実家の母が現在乗っているクルマがプレミオなんですよ。運転する度に「ここをこうすれば・・・」みたいなイメージが次々と浮かんでくるクルマなんです。いつも乗っているマツダ車よりも伸び代がありそう・・・。トヨタはこのクルマでコンプリートモデルを作ったら面白いんじゃないですか!? 

  車幅が5ナンバーサイズに抑えられているので、アクセラやインプレッサのセダンよりもスリムなボデーで、リアのデザインなどもなかなか風格があります。ちょっと淡白なフロントが残念ですが、フロント・サイド・リアにエアロが付けば、だいぶ引き締まった印象になると思うのですが、トヨタから純正エアロは今のところ用意されていません。

  一部で報道されている今回のMCの内容ですが、外板パネルをアリオンとプレミオで共通化して、フロントのグリルなどのデザインで差別化していくものになるようです。ということならば、両車で使えるエアロが出てきてもよさそうだな〜。

  さらにトヨタが得意としているコンソールとインパネが一体化した、近未来的コクピットデザインへと変貌を遂げるらしいです。やっぱりそうですよね!!!スポーティさとかはあまり求めないで、コンソールにそびえ立つ古臭いシフトレバーも撤去してしまっていいんじゃないかと、プレミオタイプのクルマにはもはや不要だと思ってましたよ!!(無くなるかは不明) とりあえずクルマのキャラと考えると、今回のMCの方向性はなんかいい感じのような気がするんですが・・・どうなることやら。

リンク
最新投稿まとめブログ



posted by のっち at 00:51| Comment(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

意外にアクアとデミオが大好きなオッサンの真相

  デミオのディーゼル販売比率が50%越えを維持しているそうです。国内月販で5000台を維持するデミオですから、乗り出しで200万円を越えるちょっとリッチなコンパクトカーがマツダから毎月2500台も売れているわけですね・・・もちろんクラストップのアクアも200万円越えまして今でも毎月1~2万台売れています。余談ですがカローラフィールダーの本体価格162万円〜というのはメチャクチャ安い気がしますね。

  確かにデミオもアクアも、かなりデザインがいい!!!しかもコンパクトカーだからといって若い女性向けというわけでもないです。日本ではこのクルマをオッサンが買うんですよ!!! 特に団塊世代のオッサンユーザーって話をしてみると意外にもクルマへのこだわりが薄かったりします。「男ならDEセグだろ!」みたいな概念などまず無いですね。むしろ20~30歳くらいのコアなユーザーの方がその傾向が強いです。

  ちょっと失礼かもしれないですが、団塊世代のオッサンはたとえ強面でも内面はナヨナヨしていることが多いです。いろいろ聞いてみると、アクアとかデミオとかにかなりマジで惚れ込んでいるんですよ!!!そんないい年したオッサンが、どうやらたくさん買いに来ているみたいです。暴走族みたいに集団でしか暴れられなかった「内弁慶な団塊世代」が乗るには、実にお似合いのクルマじゃないですか?

  そういえば知り合いの社長さんはレクサスLSを休眠させてアクアばかりを乗り回しています。「スタイリッシュ」で「HV」ならばサイズなんて無関係に「知的」に見えてしまう・・・確かにそう言われれば。もう発売から5年目に突入し、モデル末期に近づいていて、なおかつ3年連続のベストセラーで街中に溢れているのに、まだまだ魅力的なスタイリングです。このデザインの仕事はもはや「偉業」として讃えられるべき!!!

  先代のデミオ(3代目)は実によく売れました。ただし売れた理由は?というと人によって意見はマチマチです。現在のマツダのデザイン部門のボス前田育男さんのキャリアを彩る大出世作だけあって、デザインは「傑出」していたのですが、マツダの安売り戦略で98万円とかいう価格で販売されたこともあり、ユーザー以外からはあまり良いイメージをもたれないクルマだったことは否めません。「安売り」と「デザイン」の相乗効果ですかね・・・。

  先代のマーチ(K12型・2002年発売)が日本のコンパクトカー・デザインに与えた影響は大きかったようで、「デザイン」一つで市場が大きく動く「スタイリッシュ・ジャパン・コンパクト」の時代が10年以上に渡って続いています。スイフト、ヴィッツ、コルト、フィット、ノートなどが「斬新さ」と「保守的」の間でトレンドを先読みしながらの高いレベルのデザイン開発合戦が進みました。(そのスゴさが全くわかってないのが、センスのかけらもない日本のジャーナリストとクルマ好きの連中・・・ドイツ車中心でデザインを語るな!!!)

  そんなハイレベルな戦いを楽々と勝ち抜いたアクア。どうやら台数ベースでは他のブランドのモデルがアクアを追い越すことは難しいようです。それでいてBセグを作る国内メーカーのここ数年の決算を見る限りではトヨタの営業利益率を越えるブランドがないのが現状です(日本メーカーではCDセグ専門のスバルが1位)。アクアは決してダンピングではなく、他社よりもきっちりと利益が出せるクルマになっているところがスゴいです。ここ数年の経営改革が順調でトヨタに迫る勢いで営業利益率が改善しているのがマツダです。確かに円安基調も追い風ですが、先代とは真逆の高価格戦略を取ったデミオは他社からの乗り換えが60%超に達していて、先代デミオとは違うユーザーに好まれるモデルへと変化していることがわかります。

  冒頭にも書きましたがディーゼル比率が50%越え!!!MT率は6%に留まりますが、やはりというか購入者の72%は男性で、これはBセグや軽自動車においてはかなり男性の割合が高い部類になるようです。内面はナヨナヨの団塊オヤジが、デッカイクルマは怖いよね、MTはちょっと厄介だよね・・・と安易な選択へと走るわけですが、そんな気持ちをちょいと加速させるのがディーゼル搭載なのでしょうね。どうもナヨナヨな男性ほど、「メカ」が好きなようで・・・。

リンク
最新投稿まとめブログ


posted by のっち at 00:50| Comment(0) | 全メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。