2016年04月21日

日産の新世代「エンターテイメント」エンジンに早く乗りたいです。

  先日発売されたモーターファンイラストレーティッドvol.115「エンジン新次元」という号が、なかなか読み応えがあって興味深かったです。メインコーナーはトヨタ、マツダ、日産の新しいエンジンを次々と紹介していくもので、日本メーカーの内燃機関の開発技術がまだまだ非常に高い水準にあってこれらかの日本車にもっともっと期待が持てるような内容でした。何かと自粛気味に見える欧州メーカー車のエコなエンジンに対して、トヨタ、マツダ、日産の新型エンジンは全くの逆位相で、ユーザー側にも非常に魅力的です。3社の合い言葉は毎度おなじみの「世界一」。しかし今回は顧客満足度を真剣に追求する「世界一」のようで、「エンターテイメント・エンジン」としての側面も多分に感じます。

  乗って「楽しい」クルマがどんどん増えてくれるのは、ドライブ好きにとってクルマの選択肢が広くなるので非常に嬉しいことです。BMW、メルセデス、アウディといった日本でも成功している有名ブランドでも、ユニットがここ数年で相次いで代替わりしました。ただし大排気量に関しては日本ではさっぱり売れないので、手が届きそうな価格で入ってくるのは、どっかから仕入れたライセンス?の「直4ガソリン直噴ターボ」エンジンだけなんてことも多くなってきました。別にこれらのエンジンがダメ!というわけではないです。家の前をオシャレに飾り立ててくれる「置物」で、しばしば用事に使うくらいの用途ならば、条件が一致する人も少なくないでしょう。

  しかし、毎週ドライブで100km以上走るのが楽しみになっている人には、いまいちその走りがピンとこないかもしれません。そしてちょっと気になることがありまして・・・、欧州の直4ターボは低回転トルクが売りで実用域では徹底して低い回転を使う仕上げになっていますが、低回転(2000rpm以下)でエンジンを扱き続けると、当然にノッキング(排気の詰まり)のリスクが高くなるのではないか!?しかも直噴エンジンでは構造上なおさらリスクが高いはず。・・・なんていうのはとうの昔の話であって、今では低回転でずっと回していても技術的になんら問題はないそうです。具体的に何がどうなって対策になっているのか全くわからないですが、とりあえずあのVWがそう仰るのだからみなさん信じましょう。あの三菱が最初に実用化した直噴ターボですから、絶対に「偽装」なんてことはないはずです。ここ10年あまり、カーメディアを代表する有名ライターは口を揃えてこのエンジンを「すばらしい!」と言ってますから、素人がいちいち文句を言う場面ではなさそうです(笑)。

  しかし日本のヘビーな交通事情ではなかなか燃費が改善されないにくいのがガソリンターボの弱点です。特に私のような運転が下手くそな人間にはダメですね。どうしてもガバっと開けてしまう。8速に入る速度域からでも無意識にアクセルオンしていて「キュイーン」というミニ四駆のモーター音のような甲高いエキゾーストを響かせてしまいます。反対に大人しく運転してもなかなか街乗りでは燃費が悲しい結果になります。急な買い物に行こうにも・・・やっぱりターボですから暖気運転が必要なようでして、どうもちょい乗りには向きそうにありません。BMWに試乗に行くと毎回のように暖気のために待たされます。確かに暖気しないとレスポンスが寂しいくらいにゆるゆるになってしまいますからね(試乗のコンディション作りに神経使ってます!)。まあこういうクルマが好きな人にはいいと思いますけど、正直言ってコレ買うぐらいなら、ちょい乗りの戦闘力が異常に高いプリウスにしておきますね・・・。

  さてさて、輸入車好きな輩にこのことをいくら言ってみたところで、ちっともわかってくれないことが多いです。アウディはピーク時のトルクに頼りすぎ!BMWはエンジンの素性を8ATが完全に微妙にしてる(直4エンジンがどこまで出来るかわからないですけど)、メルセデスのエンジンビックリするくらいにうるさいとか・・・そんなことは絶対にありえないと思ってますから、そんなこと言っている奴は頭おかしいくらいのリアクションが返ってきます。

  もともとは三菱ライセンスのマレーシアでも作れる直4の直噴エンジンごときが、日産やマツダのオタクなエンジニアが上級モデル用にフィールまできっちりと作り込んだエンジンに勝てるわけねーだろ・・・それくらい誰でもわかるだろ!!!ってことなんですけどね。特に日産は6気筒なのでエンジンフィールへのこだわりは相当なもので、スカイラインもZもエルグランドも、この「フィール」が付いてきてこその高級車価格です。

  日産が北米向けに新しくVR30DETTというV6の3Lターボを開発しました。日本にもどうやら年内にスカイラインクーペの新型発売のタイミングで入ってくる可能性が高いです。日産は以前のVQエンジン時代からドイツ勢(特にBMW)に対抗意識がメラメラで、ポルシェターボに対抗するGT-R用のVR38DETTとは別に、BMW直6ターボを仮想ライバルと見做したようで、その出力を上回るためにわざわざ3.5Lから3.7Lへ拡大するなどしてきました。

  レスポンスだけでなくパワーでも圧倒する!日産を腰抜けだと非難する輩をしばしば見かけますが、ここまで闘争本能を露わにするメーカーは天晴れだと思いますよ。日産車を手頃に乗るなら一度はVQ35、VQ37の状態の良い中古を探したいところです。さて新しい日産のV6ターボですが、北米からの情報によればターボ加給によって300psと400psバージョンが存在するようです。GT-Rの3.8Lターボもそうですが、日産はわざわざ自らのエンジン生産技術を世界に見せつけるかのように、ポルシェの排気量を踏襲しているように感じます(VQ35のターゲットはトヨタの3.5Lかな)。今回も3Lターボで、ポルシェ911カレラの新しい水平対抗6気筒の3Lターボに照準を合わせてきました。

  日産のヴィジョンでは、パナメーラとポルシェが開発中のDセグセダンに対抗するモデルとしてシーマ/フーガ/スカイラインを置き、6気筒の3Lターボ同士で対峙する構図に持っていくつもりのようです。さらに新型フェアレディZに積めば、近々発売されるであろうポルシェ718ケイマンの最もスパルタンなモデル(400psくらい)とガチンコになるようです。3Lターボ(300ps)モデルのスカイラインやフェアレディZが600万円を越えちゃうのかな?そして400psバージョンは800万円くらいか? なんか価格を考えるとちょっと白けちゃいますね。マツダの2.5Lターボに期待しますか・・・。


リンク
最新投稿まとめブログ


posted by のっち at 01:13| Comment(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

ロングセラーの実力? マークX と エスティマ と・・・

  10年以上のキャリアを誇るロングセラー車が目立ってきたトヨタ。安易なモデルの統廃合を行わずに、同じジャンルに複数のモデルを残してきめ細かい要望に応えるという姿勢はとても素晴らしいと思います。それにしても旗艦のレクサスLSを始めとして、エスティマ、プレミオ/アリオン、アイシス、bB、カローラルミオン、イスト・・・それぞれに喜ぶファンを抱えていて決して軽んじられるモデルではありません。トヨタというと、プリウス、アクア、アルファード、86で片付けられてしまう節がありますが、その影で熱心なユーザーと濃密な関係を築いているモデルがたくさんあるのが、このメーカーの魅力です。

  クルマ離れが進んでいるといわれる日本でどんな人々がクルマを使っているのか?
「レクサスLS・・・元気な中小企業の社長さん」
「エスティマ・・・堅実なお父さん」
「プレミオ/アリオン・・・官僚向けらしい」
「アイシス・・・エスティマよりちょっと若い堅実なお父さん」
「bBとカローラルミオン・・・地方で頑張る若者」
「イスト・・・アクティブな女性」
どれも日本で頑張っている人々のクルマというイメージが強いです。

  クルマ好きが乗るからいいクルマ!というのはなんだか「くっだらない」な〜。マツダとかスバルとかなんかミーハーっぽくてさ・・・。どちらもDの人に聞いたら「スカイアクティブ」と「アイサイト」の評判だけでディーラーにお客がドっと来るようになったそうですよ。だからといって日本人の消費行動が軽薄だ!と切り捨てようとは思わないですし、カーメディアに洗脳されているとも思わないです。実際にマツダやスバルを試してみて、納得して買う人も多いはずですし・・・。

  けどね〜・・・「いいクルマ」という定義ばかりを追っかけていると、何か大切なものを見失ってしまうように思うのです。クルマを買うにあたって、とりあえずマツダを見ておこう!と見に行くと、だいたい試乗車は「Lパケ」なんですよ。一番お買い得なデミオでも「Lパケ」ならレザーにデザインされたインテリアで、一度試せばもう「メルセデスもアウディも要らないね」という気になってしまう。価格も乗り出しで200万円をちょっと飛び出すくらいだとか。間違いなく一人で使う分にはとってもいいクルマです!そして助手席に誰か乗せるのにもちょうどいいかな。ただし家族とか仲間を乗せるならば200万円以下で済むbBの方が気が利いてます。

  マツダが慌ただしくモデルチェンジを繰り返すのに、トヨタはロングセラーが可能なのか? やっぱり一人で乗っているデミオよりも、しょっちゅう家族や仲間と時間を共有できるbBの方がはるかに満足度が高いです・・・マツダがいくら好調でもそれは決して否定できないクルマの価値です。そしてやはり今のマツダで最も安泰なモデルといえるのは、もちろんCX5です(仲間や家族と楽しめる?)。素人が言うのもなんですが、マツダがこれからユーザーに長く支持されるためには、トヨタのロングセラーをもっとよく研究したらいいんじゃないか?と思います。

  トヨタ・ロングセラーの秘訣とは? まずは「適性な価格」と「納得できる品質」そして・・・ちょっとマヌケかな?と思うくらいに平易なデザイン。別にトヨタデザインを揶揄しているわけではないですよ、あくまでクルマのイメージと乖離しないくらいの地味なデザインだからこそ、選んでくれるユーザーがいるんじゃないの?と思うのです。地味だからこそ飽きがこないデザインにもなります。実際はアイシスもbBもフェイスリフトをしたりしてはいますが・・・。

  もちろんマツダは他のブランドよりもデザインで目立っていこう!という攻めの姿勢を貫いているようですから、世界に向けて華々しくデビューできる抜群のプロポーションを社是とすることに異論はないです。ただしトヨタのようなロングセラーとして「楽」をすることは許されないですし、やがては(もうすでに?)メルセデスやBMWのような過激なサイクルに巻き込まれて、限りある開発資源を使い果たしてどんどん消耗し、ひとたび冴えないデザインのクルマが出てしまったら猛烈に叩かれてユーザーがサッと潮が引くように去っていきます。メルセデスやBMWのここ数年の興亡を見ていればある程度は察しはつくと思います。

  さらにもうひと言付け加えるならば、マツダがこだわっている「MT」設定は、もうちょっと地味なモデルで展開してくれるといいなと思います。デミオにしてもCX3にしてもちょっとデザインが派手すぎで、どちらも落ち着いてゆったりと2ペダルで運転するのが合っているクルマに見えます。先代アクセラのようなアクティブでそして身近でとても親しみがわくデザインを継承するようなモデルがあると、MT車で林道とか走りたくなります。ジムニーみたいな超ロングセラーになるのでは!?

  先代アテンザの1年後に登場したマークXはまだまだモデルサイクルが続くようです。多少の値上げはあったようですが、人気のFRシャシーに2.5Lの6気筒エンジンを搭載して250万円という価格設定を未だに維持していて、直4でFFのティアナ、アテンザ、あるいは直4AWDのレガシィと比べてもかなり割安です。そのせいか一時期と比べて人気が再燃してきているようです。「クラウンアスリート3.5S」の524万円に比べて、「マークX3.5プレミアム」の370万円は同じエンジンが乗っていることを考えると・・・やっぱりかなりお買い得です。さすがに伝統の高級車だけあって、マツダがドヤ顔で採用してきたオルガン式ペダルなんて最初から付いてます!

  同じ3.5L自然吸気エンジンですが、クラウンとマークXを差別化するのが、8ATと6ATの違いなんですけども、燃費を重視するなら8AT、スポーティに乗るなら6ATとキャラが分けられているので、これは好みの問題です。BMWは8ATでミニは6ATなんですが・・・そして走り好きの多くはもちろん・・・を選びます。ミッションを手掛けるのはトヨタ傘下のグローバルサプライヤー・アイシンAWです。BMWが使うZFとはシェアを2分するくらいに世界的にも人気が高いミッションです。ちなみにミニやFFのBMWでもアイシンAW製が採用されています。

  トヨタのラインナップを見渡すと、マークXと並んで目を惹くのがエスティマです。トヨタの先進性を世界に示すグローバルモデルとして広く知られた存在で、プリウスと同じで伝統のセンターメーター(左右のハンドルに対応?)を採用しています。ただし初代エスティマが北米や欧州でも華々しく販売されたのに対し、3代目となる現行モデルは、オセアニアとアジア向けしか海外展開はしていないようです(グローバルではそこまで勢いがないのは残念)。国内市場でもトヨタのミニバンといえばアルファード系それからヴォクシー系そしてシエンタ系の3段階が「メインストリーム」として確立されていてますが、それでもそれとはちょっと距離を置いたところで高級ミニバンという地平を歩き続けてきたエスティマの存在感は独特の重みがあります。

  トヨタ自慢の3.5Lエンジンが積まれるグレードが354万円〜。これはなかなかお手頃じゃないですか?さらに高級感を高めるのに必須なレザーシートのグレードだと407万円。高いか安いかは判断が分かれるでしょうけども、最近では400万円するホンダのオデッセイHVアブソルートがバカ売れしたりしてます。・・・400万円のマークX(レザーだと約400万円)とエスティマ。もはやBMWやメルセデスの方が同じサイズで安く買えるくらいではあるんですが、300万円台で買える「なんちゃってプレミアム」なんて下らないです。マークXやエスティマには3.5L自然吸気というドイツ車がもうとっくに失ってしまった豊かなフィールのエンジンが付いてきます。これは文句なしの「高級車」です。

  100~200万円台の大衆モデルと400万円くらいの高級車。レクサスとかインフィニティとかグローバル価格で売れるならそれでもいいですけど、この2つの基準価格を念頭に各メーカーがしっかりとクルマを造り込んでくれると、もっともっとクルマは魅力的になると思うのですが・・・。やはり直4で400万円といった価格設定を見かけるとテンション下がりますね。そして直4で600万円とか・・・アホか!って感じです。

  リンク
最新投稿まとめブログ



posted by のっち at 03:27| Comment(0) | トヨタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

マツダ・ロードスターにRHT登場・・・価格次第では大ヒットの予感も。

  ニューヨークMSでNDロードスターが見事にワールドCOTYとデザイン賞の2冠に輝きました!・・・と思ったら今月のニューモデルマガジンXでは、NDロードスターを評して「マツダはオープンカーというものをかなり勘違いしている。」というなかなかユニークな自説を展開してます。彼らの主張が徹底的に間違っているとは思わないですけども、日本メーカーは欧州メーカーに比べれば文化や経験が圧倒的に足りない!といった「決まり文句」をしばしば振りかざすのに、日本のカーメディアだけは世界のあらゆるカーメディアより優れた「偉大なる賢者」であるかのような物言いなんですよね(こいつらの経験値は∞なのか?)。なんでだろう・・・日本の大学出たくらいで「それなりの」知識人だと勘違いしちゃってる、スゲー痛過ぎる「典型的日本人」像が脳裏に浮かびます。

  世界のカーメディアはロードスターにさしたる異論を差し挟むこともなく、かなりの進化を遂げたと評判のアウディA4を押えてロードスターが「ワールドカー」を受賞しました。まあ確かに・・・日本の50~60歳代のジジイが乗るにはみっともないクルマですよ。まさかとは思いますが、自分が乗る事を想定して「マツダはオープンカーというものをかなり勘違いしている。」というコメントならば・・・勘違いしているのはオメーの方だ。このクルマはアメリカで女性や若者が気軽にカーライフを楽しむためのクルマですよ。たった2万5000米ドルで2L自然吸気で元気に走るオープン2シーターが買える!というだけで大歓迎なんですけどね。何が気に入らないのかわからないですけども、まるでロードスターにメルセデスSLやフェラーリ・カリフォルニアに対抗しろ!とでも言いたげな論調でした。

  そんなロードスターにいよいよRHT版が登場しました。もしかしたら、ニューモデルマガジンXもRHT版を見たら、先ほどの暴言を撤回するかもしれないですね。ポルシェブランドから発売されても違和感ないくらいのグッドルッキン・デザインですよ!これはどんなネガキャンがあってもデザインに一目惚れしてまっしぐらの人には聞こえないくらいですね。日本でも発売されれば、想像以上に反響はデカくなりそう!・・・といっても先代のRHTが中古車市場でそこそこ積み重なってますから、5万キロ走行くらいならばMT車でも100万円以下で手に入りますから、よほどの潔癖性でも無い限りは、今更に「RHTを待ってました!」という実感はないかもしれません。先代ロードスターの販売末期はほとんどがRHTだったそうで、マツダとしてはいち早く日本市場に投入したいようですが、さてどうなるでしょうか?

  個人的な悩みでもあるんですが、最近のクルマにいまいち真剣になれないんですよね。次々出てくるクルマの「良し悪し」はもちろん自分の中のリトル自分がきっちりと判定を下してくれますが、その多くはマーケティングそのものがあまりにも「セオリー過ぎ」な気がします。ド素人が予想する通りのクルマを各メーカーが揃えていく・・・そういうのって結局は何も面白くないです。BMWとメルセデスがブランドイメージをかなぐり捨ててでもファミリーカーのラインナップを幾重にも構築してますけども、こうなってしまうと、この両者の対応するライバル関係でいちいち萌えたりしません。例えば・・・X1もGLAもあまりにも「ショボい」ので誰にもお勧めできないです。

  新型モデルはどれもこれも内装に関するの「ソフトウェアの部分」で惹き付けて売りきってしまおう!としてます。もはやクルマを売っているのではなくて、インテリアを売っているといった方がいい。定番の3erとCクラスの対峙ももはや何の感動も起こらないですね。乗り出し300万円でいいよ!というならどちらも適正価格だとは思いますけども、今月号のニューモデルマガジンXさんでも言及されてますけど、「Cクラスや3er買うくらいなら、アテンザの方がずっといい!」はガチです。特にマツダが頑張っている「遮音性」や「操安性」といったハードな部分に関してはCクラスも3erはことごとく酷いです。Cクラスは内装だけで日本のセダン市場でクラウンに次いで2位という好調な販売を記録しているようですけど・・・。

  Cクラスや3erよりもイイ!と言われたアテンザにしても、なんだか「マーケティング通り」過ぎて意外性の乏しさにはやや閉口させられます。もちろん乗り出し350万円で理想的なクルーズカー「25S・Lパケ」が手に入る!という素晴らしい選択肢はこれからもぜひ残して欲しいですし、多くの人にオススメできるだけの高い「満足度」はもちろんあるのですが、同時になんだか余計な「社会性」をも身につけてしまった感じで、いざ購入をシュミレーションしてみるとなんだか気が重いのです。

  スイスポやデミオでもなく、アクセラやインプレッサでもなく・・・。もっと自由で「とんがった」クルマがあってもいいかなと。乗り味やクルマの味付けの好みなどを無視すれば、「BRZ」「WRX S4」「レヴォーグ」を揃えるスバルこそが、この鬱屈した気持ちを最も理解してくれていると思います。しかし・・・一度マツダを試して心酔して「即決購入」して以来でしょうか、どうも他のメーカー車に対して評価が厳しくなってしまいました。スバルも何度か乗せてもらっているんですけども、個人的にはマツダとは全く違いますし、日産(スカイライン)、フォード(マスタング)、スズキ(スイスポ)よりもずっと違和感があります。

  それは一体どれくらいなのか?無理やり当てはめれば「ミニ・クーパーS」とか「ボルボV40T4」とかと同レベルですね・・・あくまで私の基準です。悪くはないのだけど、ゾクゾクした心地までは達しないです。ちなみに3er、1er、Cクラス、Aクラスはもっと酷かった・・・これらのベースモデルでは、ハンドリングやらブレーキやらが不思議とギクシャクしていて、何やらアシもフニャフニャで、もはやトヨタかホンダのファミリーカー並みに「とんがり」を感じなかった!これはとっても「不自由」なクルマだと思います。

  マツダにとっても他人事ではなく、型にハマったデミオ・アクセラ・アテンザ、なにもかもが不自由なSUVのシリーズ(NVHをなんとかしよう!)。乗り味こそなかなかですけど、ちょっとな〜・・・。このやたらと重苦しいラインナップを打破するためにも、アクセラをベースにして2ドアでも仕立てたら?なんてず〜っと思ってました。確かに4ドアや5ドアだからこそ光る「魂動」デザインなのかもしれません。そしてこれが2ドアだったら「頑張り過ぎ」感でちゃうのかな〜・・・。「魂動」が市販車となってまもなく4年が経過しますが、これまで2ドアになる姿に想像を膨らませ続けてきた「マツダ・ロマンチスト」に対して、今回やっと一定の回答が提示されました。ロードスターRHT・・・これはとてもナチュラルです!買いかぶり過ぎかもしれないですが、パッと出の「違和感」などほとんど感じさせてない!ポルシェでいうところの「タルガトップ」みたいなモデルがマツダにこれまでもずっとあったかのような「自然」な登場の仕方に驚きましたよ!

  可動ルーフの分だけ車重が重くなるので、当然に2Lエンジンを載せて日本でも発売されそうですが、問題はやっぱり価格ですかね。2L搭載のフル装備というだけで330万円くらい。それにRHTが付くならば360~370万円くらいになるのは不回避でしょう。「アテンザXD・Lパケ」と同等の価格ですか・・・。だったら「25S・Lパケ」でとりあえず快適な居住空間を選択したくなりますね。それでも!!!「86/BRZ」「フェアレディZ」「スカクー」「CR-Z」「スイスポ」「WRX S4」などなど・・・「自由の翼」を感じさせるクルマ=「スペシャルティカー」はまだまだ日本にはたくさんラインナップされてますけども、NDロードスターRHTは、それらを乗り越えて「日本のスペシャルティカー」をより高いところへと導いてくれるような「ひらめき」が眩しいくらいです。市販モデルに期待したいです。

リンク
最新投稿まとめブログ



  

  

  

  

  
posted by のっち at 23:07| Comment(0) | マツダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。