2016年03月25日

「南ア車」もいよいよ世代交代!? スズキ・バレーノ

  一人一人欲しいクルマは違うでしょうし、その使用目的も当然ながら異なります。最近じゃさすがにあまり見られなくなりましたけど、数年前までは「愛知県産国民車」をやたらバカにする連中ってのがいました。その多くは南アフリカ産の訳分かんないクルマと比べて愛知県産はダメだ・・・などとなかなかユニークな見解を述べてましたね。

  2007年頃に南ア車が最高の売り上げを記録するのですが、その頃に「残価設定ローン」が導入されてまして、あまり理解しないままに飛び付いて、そのドイツブランドに散々に喰い物にされた可哀相なユーザーが多数いたのですけど、ちょうどその頃に「日本車を貶す風潮」がピークでしたね。プリウスと南ア車ではそもそも目的が違うのだから比較する意味はあまりないと思うのですけどね。今では南ア車を日本に持ち込んでいたドイツメーカーが、愛知県の国内最大手に頭を下げて、静音設計や軽量化の技術提供を受けているので、何も文句が言えなくなってますが・・・(皮肉ですがプリウス開発に投入された技術の提供を受けてます)。

  至高のクルーズカーが欲しければレクサスか日産。長距離GTカーに興味があるならばマツダかスバル。お手軽で楽しいウェアラブルカーが必要ならホンダかスズキ。まるでかつての護送船団方式が復活したかのような、横のつながりを伺わせる「日本メーカー分業」が進んできたので、もはや南アフリカからわざわざクルマを持って来る意味なんてないのかな?とは思います。カーメディアも掌を返したかのように、南ア車への評価はこの数年で180度変わりましたね・・・、メキシコ車を持ち込む別のドイツメーカーからカーメディアに圧力がかかっているという噂もあるようですが、この南ア車メーカーから「価値がない!」とまで酷評されるクルマが現れるとは思いもよりませんでした。

  今ではそんな薄情過ぎるカーメディアはマツダとスバルばかりをゴリ押しします。欧州ではドイツプレミアムに圧されて一般ブランド(ルノー、プジョーなど)のミドルサイズ(Dセグ)が大苦戦を強いられていて、次々とモデル廃止の憂き目に遭ってます。しかし「和製GTカー・ブランド」を自認するマツダ(アテンザ)やスバル(レヴォーグ)はドイツプレミアムに一歩も引くことなく、日本やアメリカで見事なまでの優位な戦いをしています。ちょっと余談ですが、若いユーザーを取り込もうとしてデザインを刷新したメルセデスには、日本の妙に若ぶったジジ・ババが殺到したようで少々見苦しいですね(クラウン買うよりだいぶ安上がりだけど)。逆にAクラスやCクラスを新車で買えるくらいの若者には、あのサイズは全く響かないでしょう(全くいないとは言いませんけど)。

  「GTカー」だけでなく「クルーズカー」や「ウェアラブルカー」においても日本車はここ数年で目覚ましい進歩を遂げています。情報収集のために日産やスズキ、ホンダのHPをちょくちょく見てますが、100万円台でもシートヒーターが標準装備!という時代に突入してます。レクサスの情報だけはいち早くカーメディアや一般メディアあるいは広告によって知ることができますけど、日産、スズキ、ホンダのちょっとした情報はカーメディアも大体はスルーしていていちいち取り上げてくれません。

  カーメディアは当然ながらその活動は広告費と密接な関係があって、売れているクルマを露出させるのではなく、広告費を払ってくれるブランドのクルマを露出させる傾向が強まってます。そのためかここ数年は「広告費ゼロ」であることを公表しているフェラーリの露出がだいぶ減ってきました。その一方でランボルギーニやマクラーレンの限定車なんてどうでもいい情報はすぐ伝わってきたりしますが、これはブランド力維持のために必死で広告打ってるからなんですよね。確かに誰も知らないスポーツカーなんてほとんどの金持ちは興味がないでしょうから・・・。

  さてHPでの情報をあれこれ見ると、どうやらカーメディアからあまり好意的なレビューを書いてもらえていない様子?のスズキの新型車バレーノです。カーメディアのテキトーな仕事っぷりが随所に見られますが、例えばネットメディアで「Bセグなのに1000kg以下!」なんて???な煽り文句が踊ってました。スイフトもソリオも1000kg以下なんですけどね。

  5月から発売を開始するという1Lターボの「XT」というグレードが、スズキの今回のインド製モデル導入狙いなのだと思われます。出力ベースで考えるとスイフトRSとスイスポの間にちょうど収まり、スイフトには無い「6AT」を持ち込んできました。最近ではATの復権が著しいようで、DCTとCVTの採用を見送って「MTかAT」のみの2ミッション体制を高らかに謳うメーカーが現れ出しました。代表的なのは「マツダ」そしてそれに続いて「アストンマーティン」・・・。アストンマーティンのアンディ=パーマーCEOによると、あらゆるシチュエーションを総合的に考えたときに「DCTは不要」という結論に達した・・・と言ってます。

  その一方で「ミッション・マニア」とでも言うべきか、MT、AT、DCT、CVTの4種を全部揃えてきたのが、スズキとホンダです。「ウェアラブルカー」を得意とする2メーカーは探せば「珍ユニット」が次々と登場します。例えば「軽自動車にDCT」(アルトターボRS)や「HVなのにMT」(CR-Z)などなど。欧州ブランドのせいで、A、Bセグのツインクラッチ(DCT)はとにかく使いづらいという悪評が立ってしまいましたが、アルトターボRSは低速時でもスムーズに動くようにはなってます。ただしジャダー(低速時のガタガタ感)は少々気になりますけど。小さいエンジンで直結感を持たせて軽快に走らせるという欧州的な思想を日本車で再現している珍しい例です。

  私の定義では「ウェアラブルカー」は意のままに操れて、きっちりと使い切れるエンジン性能で、経済的負担も少ないクルマなんですが、軽自動車のように規制でガチガチになってしまう一歩手前のところに位置しているので、まだまだ商品開発の余地が大きく残っている領域だと思います。HVやディーゼルも参入してますけど、それが「最適解」だとも思いません。「アクアG's」よりも「ノートNISMO・S」かな〜、デミオはやっぱりガソリン! フィットRSのためのVテックなどなど。大抵は200万円以下なのになかなか個性的なモデルが揃っています。

  「軽自動車のような規制はないけど、コストの壁はとてつもなくデカい!」という指摘もありますが、エンジンパワーを使いきれる!ことに重きを置くならば、高コストなエンジンは不要です。300万円するGT-Rのエンジンからみれば取るに足らないパワーですけども、10万円足らずの直4自然吸気90psのエンジンをMTで弾かせれば動力性能的にも十分に楽しいです。さらに1000kg程度の車重のままで130psくらいを繰り出すやや大きめのエンジンがあれば、かなりパワフルな加速をするようになります。90ps程度なら100万円台前半、130psでも乗り出しでオプションたくさん付けても200万円で収まります。

  自動車メーカーにとって大きいのは、電動ステアリングの普及により、Bセグであってもプログラム次第でかなりスポーティなフィールを演出できるようになったことです。小さいクルマだとハンドルが軽いなんてのは、完全に過去の話で、Bセグのデミオよりもハンドリングの手応えが無いCセグ、Dセグもかなりあります。クルマの開発自体がドライビング環境をバーチャルなものへと変えていくことに主眼がおかれ、ドライバーの気分が高揚するための機能(完全にドーピングです!)が当たり前になってきました。ドイツブランドのバッジが与えられた南ア車は、カーステレオからエキゾーストが流され、やたらとデカいタコメーター(回転計)に偽の回転数が表示される機能まで付いています。エンジン回転が上がるよりも先にメーター回しています、ATをシフトさせると完全に偽装なのがわかります(アホくさ〜)。

  そんな下らない機能にカネを払うくらいなら、シンプルな装備で楽しく走れるであろう、スズキの「南ア車」(インド製だから南アジア車)を買う方がよっぽど有意義じゃないかと思うんですよね。5月に日本にやってきたら、ATのフィールや1Lターボの出来映え、それからハンドリングをぜひぜひ試してみたいと思います。

リンク
最新投稿まとめブログ


posted by のっち at 01:55| Comment(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

スズキ・イグニスは・・・何かやってくれそうな予感がします

  スズキから「イグニス」という新型コンパクトSUVが発売されました。手頃な価格であれこれ納得してもらえるクルマ作りを追求したら・・・こんなクルマになりました!という開発者の試行錯誤の痕をトレースするだけでも楽しめそうな新機軸?新感覚?のクルマだと思います。最近の若者はクルマを欲しがらない。生まれた時からすでに家にクルマがあるのが当たり前の世代だからクルマに特別な想いがない!なんて分析されてますけども、「暇」と「カネ」が転がり込んでくればとりあえず買うとは思いますけどね。

  ユーザー側の変化ばかりが注目されてますけども、「作る側」にもそれなりの問題があると思うのです。例えば「機械式腕時計」を選ぶときに、誰でも気にするのが「文字盤のデザイン」や「ムーブメントの美しさ」だったりします。「GS(セイコー)」「IWC」「パネライ」「ゼニス」「ロンジン」など、時計本来の「機械美」を持つブランドに数十万円を投じてしまいたくなるのは、数千円で買える腕時計が見せる「醜悪さ」を一切出さない仕事ぶりに感動できるからです。クルマもやはり同じじゃないかと思うのです。

  どこのブランドがというわけではないですが、600万円もするのにデザイン的に重要な部位の質感がどうも腑に落ちない・・・機械としての美しさに欠けている!などがっかりさせられる高級車が実に多いです。パワートレーンだって「並み」のもので、内装も量産モード全開のありきたりな内張りとシート生地、それでも「プレミアムブランド」というだけで結構な価格がする。もう勘弁してくれ〜・・・。一方で200万円のクルマを見ても、やはり価格なりの設計だなとがっかりさせられます。作る側の論理で「目一杯工夫してアイディアを散りばめました」と言われても、明らかに他のメーカーと同じサプライヤーだなと感じるパーツが次々と目に入ってくる・・・。

  なにも1台1台ハンドメイドで、絶えず仕様を変えながら生産しろ!なんて無茶なことを言っているわけではなくて、開発者やデザイナーが安易な「パクリ」ではなく、頭をかきかきして考えた痕さえ見れればそれでいいんです。素人でも考えつくような「使い古された」アイディアが目立った瞬間に、このクルマの開発者は妥協したな・・・って感じてしまう。そういうクルマは絶対に失敗する!とは言いませんけども、それで良しとするメーカーの悪い文化はすぐにそのブランドを曇らせるでしょう。なんでVWとアウディの周辺には淀んだ雰囲気があるのか・・・それは例のディーゼルの問題以前に、何も興奮させないフルモデルチェンジを「是」としている判断に問題があるように思います。

  まあ何が言いたいかというと、スズキのクルマはなかなか「いい仕事」じゃないの?ってことです。クルマを「買わない」潜在ユーザーと真剣に向き合ってますね。 買わないヤツらを動かすには「感動」させるしかない。 ・・・最近のスズキ車は乗りにいくと少なからずビックリしますね。100万円台のクルマになんでこんなに装備が付けられるんだろう? クルマに詳しくない人でも、とりあえずシートヒーターで迎えられれば・・・いきなり度肝を抜かれますよね。ここはレクサスなの?と錯覚するかも・・・しかもそのシートヒーターが「標準装備」で付いてくると聞いて再びビックリ!!!。新型プリウスや今をときめくマツダの各車だってシートヒーターは限られたグレードにしか付かないです。しかもベースグレードからだとオプションで選べなかったりするので、乗り出しで300万円オーバーするモデルじゃないとシートヒーターはゲットできないです。

  スズキは小型車が専門なので、車格によるオーラみたいなものは期待できないですが、その小さな車体の限られた範囲の中とはいえ、デザイナーが目一杯の表現をしようとしているのがいいですね! イグニスに限らず、ハスラーもアルトもソリオも良かった。・・・開発者もデザイナーもそれぞれの仕事を全うしているのが感じられる!それだけに残念だなと思うのが、「スズキ」という何とも垢抜けない社名をそのまま「ブランド名」にしていること。こればっかりはポリシーの問題なので社外の一般人があれこれ口出しすべき事ではないのは重々承知しているのですが、「S」マークというだけで家族から却下されてしまうファンが結構いるのも事実です。

  完全に余計なお世話ですが、いっそのこと「カプチーノ」(「ジムニー」でもいいかな)とかいう普通車専門ブランドを立ち上げてみてはどうでしょうか(商標権はあるでしょうから)。"カプチーノ"スイスポ "カプチーノ"キザシ なんだか売り上げがにわかに倍増しそうな響きがしますね・・・。が、しかしホンダ、ベンツ、フェラーリ、ランボルギーニは創業者の名前で続いているのに、なんでスズキだけ変えなきゃいかんの?ナメるなよ!!!と怒られてしまいそうですが・・・。

  もしスズキが他とは違う自動車メーカーであることを自認して、ユーザーから所有してよかった!と感謝されるクルマを提供し続ける覚悟があるならば、いち早く「プラットフォーム」戦略に目覚めるのもいいのではないか?という気がします。この10年あまりで日本人の生活の中には、幾多のプラットフォーム・サービスが入り込んできました。例えば「グーグル」「アップル」による情報デバイスの占有だったり、「楽天」や「アマゾン」といった巨大通販サイトへの依存だったりするわけですが、日本人の消費行動がそれらの企業が提供するサービスへと向いたのは、それらが生活の質的向上を保証するコンテンツを提供して、自らのプラットフォームへと集客したからです。

  もしスズキが「カプチーノ」というプラットフォームを使って、これまでにないサービスを提供することで、これまでとは全く違う次元の集客を行うことも可能です。例えば・・・浜松近郊にあるスズキの広大な敷地を使ってモータースポーツイベントでも開いてみてはどうでしょうか? 今も86やロードスターのようなスポーツカーではメーカーが後援するワンメークレースが開かれたりしていますが、スズキのテストコースを開放して、"カプチーノ"ブランドのオーナーしか参加できない走行会で、非日常な走りをしてもらうのもいいかもしれません。全国各地に点在するサーキットは、ガチなクルマが多くてハードルが高いと感じている人も多いでしょうから、ビギナーを中心に潜在的な需要は相当にあると思います。走ってるクルマが全部"カプチーノ"車なら気兼ねしないというのもあるかも・・・。

  やはりユーザーがブランドに対して忠誠心を持つようになるためには、そのクルマを所有して「人生が変わった」と思えるか?が大事ではないかと・・・。「イグニス」買ってみました!手頃な価格でよく走る・・・という満足感さえ得てもらえばそれでいい!という時代ではなくなってきています。クルマを持つだけで年間50万円くらいのコストがかかるわけですから、後から発生する「毎年50万円」をユーザーが気持ちよく負担できる仕組みを作れるか?がポイントだと思います。カーライフ全体をオーガナイズする「プラットフォーム」ならば、サーキットやクローズド・コースを確保して走行会を開くだけでなく、風光明媚なドライブコースの向こう側に位置する保養地に、なかなかオシャレな宿泊所を建てたり、あるいは一流のサービスを提供できるホテル産業と提携するとか・・・。

  すでにレクサスがコンシェルジュ・サービスを通じてこういった内容を主にセレブ向けに展開してますが、誰もがレクサスのこだわる「格」に準じたホテルやレストランを使いたいわけではないです。コンシェルジェ・サービスなんてセレブの為のもの・・・というイメージがこれまではありましたが、これこそがまさしくもの凄い勢いでユーザーを取り込んでいる「プラットフォーム・サービス」の本質ともいえると思います。つまりユーザーのわがままを聞いてくれるサービスです。月に1度でもいいから「わがままを何でも聞いてくれる人」が居てくれたらそれだけで人生はかなり楽しくなりますよね? 「イグニス」が日本で想定しているユーザー層は、「アクティブな若者」だそうですけども、彼らこそまさに「SNS」などのプラットフォーム・ビジネスを散々に使い倒してきた人々ですから、レクサスの顧客などよりも早く「サービス」の価値が浸透すると思うのですけどね・・・。(内容が散らかっていてごめんなさい)

リンク
最新投稿まとめブログ



posted by のっち at 02:10| Comment(0) | スズキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

ノートNSIMO S  なんとも日産らしい満足度が高い1台では?

  豊田章男社長になって本当に良かった!という声が日本中あちこちで日に日に高まってますね。クルマ好きにウケるモデルがどんどん増えているのがトヨタのラインナップです。それに比べて日産のカルロス=ゴーン社長はやはり外国人だからか、まるで「ハゲタカ外資」の結晶であるかのような扱い、そしてカー・ガイとしての評判はさっぱりです。GT-Rのようなスゴいクルマの開発を決断した人でもあるんですけど、輸入スポーツカーが買えちゃうくらいの価格設定に、「貴族趣味のスーパースポーツなんて、いらねぇ!」と反発され・・・、見事な新型ラージサイズセダン・フーガを作れば「セドグロに比べればゴミ!」とか言われ、スカイラインを作れば、「これはもはやスカイラインなんかではない!」とバッサリ・・・。(例外としてZ33だけは名車とされてます!)

  しっかし、ユーザーを味方につける戦略を考えるのもメーカーの立派な仕事であり、結局はトップの社長の責任ということになるのかもしれません。日本人は一度偏見を持ってしまうとそれを墓場まで持っていく人々ですから、日産のイメージ回復にはゴーン社長の引退しかないのでは?という意見もしばしば見られます。日産も日本のユーザーに戻ってきてもらうべく、NISMOをコンプリートカー・チューナーとして再生させ、かなり広範なモデル展開をしています。その中でも相当にコアなフル・チューンで登場したのが「ノートNISMO S」というコンプリートカーです。

  まずは何といっても日産の小型車ラインナップからは絶滅して久しい「MT」車が復活しました。Zとスカイラインクーペには3.7LのV6と組み合わせた「MT」が残っていますが、1.6L直4という小型スポーツモデルに相応しいエンジン(日本の税制には合わないけど)との組み合わせた日産車が再び発売されるとは・・・。もうちょっとカーメディア全体がワイワイと盛り上がっていいと思うのですけどね。ベース車がノートということでどうもオッサンのライター達にはウケないようです。同年代のおばあさんが御用達にするクルマだ・・・くらいに思っているはずです。

  実際このクルマの存在を知ってから、日産のモデルで一番興味深い(所有してみたい)クルマになりました。まあ確かに、言われてみれば、1.6L自然吸気&MTという設定は、スズキの名車「スイフト=スポーツ」を連想させます。このクラスにはちょっと大振りなノートの車体ですから、スイ=スポよりもやはり少々「重い」乗り味です。だったらスイ=スポでいいじゃん!なんですけど、そこは日産もしっかりとマーケティングがされていて、スイ=スポに差をつけるべく、秘密兵器となるオプションが用意されています。

  日産が目をつけたスイ=スポの弱点こそが・・・「シート」です。フルエアロ組んでも乗り出しで200万円を切ったスイ=スポのコスパに驚愕してしまってあまり気がつかなかったですけど、内装&シートはできれば取り合えてみたい部分ではあります。フロアマット、トリム、ルーフの内張りなどなど確かに弱点ですね。それに比べてべース車のノートがすでに豪華仕様の「メダリスト」さらに「ライダー」「アクシス」と個性的なコンセプトグレードを増やしていて、いろいろな素材を使った内装が作られています。

  スイ=スポは確かに楽しいけど、一人で楽しむ時以外はいまいち使い勝手が良くないな・・・。スイ=スポの走りを持ちつつも、2人で乗っている時もリラックスできるくらいの内装を奢ったモデルだと、所有するイメージが沸くという人も多いのではないでしょうか。もちろんスイ=スポも不世出な名車であることは間違いないですけど、より現代の日本人のライフスタイルに合った提案として「ノート・NISMO S」というモデルが持つポテンシャルの高さに感服した次第です。

  もし買うならば必ず選んでおきたいのが270,000円になるオリジナル設計のレカーロシートが運転席と助手席に付いてくるオプションですね。全てのデートの良し悪しはシートで決まるのでは・・・。映画館もスタジアムも喫茶店も・・・そしてプライベートカーも。とにかく全身を預けることができて、包まれるような高級感が味わえた時に、人は幸せだと感じられますし、一緒に過ごしていて快適だという実感が得られます。休暇を過ごすリゾートホテルには、ずっと座っていたくなるカウチソファとか置いてあったりすると(あと良い景色の眺め)、それだけで宿泊して良かったと思います。去年の暮れに思い切って書斎のイスと、リビングのソファを換えてみたら、信じられないくらいに在宅が快適になりました。「人生はシートで決まる」といっても過言ではないかもしれません。ノートNISMO Sのスペシャルシートに身を委ねて、絶景が見える場所までひとっ走りするだけで「とてもいい休日」になりそうです。

リンク
最新投稿まとめブログ




posted by のっち at 13:33| Comment(0) | 日産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテル料金比較サイトトリバゴ

折りたたみ自転車からマウンテンバイク・クロスバイクの激安通販【マルスマート】

日本最大級の鉄道模型・グッズの通販ショップ